« 連休終わり スノーケルホルダーは | トップページ | 治安は »

2016年3月22日 (火)

人手不足だ

 連休明けの火曜日。朝から晴れ間が広がった。外電では、アメリカ大統領が88年ぶりにキューバを訪問したとのこと。両国の領土は海を隔てて150㎞の距離だけ。今後の経済発展が期待されるところだ。アメリカ大統領が訪問したことがなかったのがキューバと北朝鮮の二か国だけとのこと。もう一つの国の北朝鮮は、昨日は日本海に向けてミサイルを発射したとのこと。完全に威嚇行為のミサイル発射だ。次は核爆発の実験かな。

 本格的な春到来のような天気だ。でも、北寄りの風が肌寒さを感じてしまう。ただ内地からは桜の開花宣言が出ている。沖縄では温かくなったり、寒くなったりと日々天候が変わるのでした。自分の年齢にもなると体調の維持が厳しい状況になることもあるのでした。当然、予防が大事です。

 恩納村では学生さんの体験ダイビングやスノーケリング参加者が多くなっています。北部方面でも学生さんのグループが体験に参加している。体験ダイビングと水族館を組み込んだ1日で二つのことを愉しもうとの計画なのだろう。皆さん朝から忙しく働いています。この時期は、スタッフ予備軍が不足気味になっているので現場のスタッフは過労気味になっている場合もあるのでした。体調の維持管理が厳しい場合もあるのでした。

 新人さんの入れ替わりが、年々ペースが速くなっているように感じます。体力が低下しているのか、それともユトリ世代で育ったためなのか。ただ体力トレーニングすることが出来ていないので、体力も育つことはないのかも。人材不足も深刻になっている。求人広告を出しても、15年前くらいまでは、すぐに充足率が満たされたが、この10年は厳しい状況が続いています。

給与、社会保険、労働保険等をハローワークを通じて広報しているが、なかなか新人さんの応募には繋がり難いのでした。今日も求人の話がありました。厳しいです。

|

« 連休終わり スノーケルホルダーは | トップページ | 治安は »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。