« 西表3日目 快晴 海でした。 | トップページ | 737型機 »

2016年3月29日 (火)

西表や石垣は超満員だった

 今日も快晴でした。西表島の上原港より石垣島に向かった。定期高速船は満員だった。観光客の家族連れが圧倒的だった。大きな荷物を抱えての乗船だ。春休み真最中なのだ。大自然溢れる西表島にて自然を満喫したのだろう。

 昨日は、朝から快晴だった。夜は放射冷却現象で、超寒の状態だった。西表島での予定していた仕事が終わったので、参加者とお疲れさん会だった。月曜日だったので、レストランや居酒屋さんが軒並みお休みだった。そのために会場探し、自分は判らないので、地元の方にお願いした。室内が予約で満員だったので外のテラスとなった。星空は満点の輝きだったが、寒かったです。ブルブルだった。

 石垣島も観光客で満員だった。通常の観光客とは異なる集団が眼を引いた。それは昆虫採集の集団だ。集団の年齢層は小学生くらいから高齢者の方まで、様々だった。旅行用の鞄を転がしながら、手にはコンパクトに折り畳んだ昆虫網、腰には捕えた昆虫を仕舞う三角紙の入れ物をベルトに通していた。靴はブッシュに入っても大丈夫なようなキャラバンシューズだった。

 貴重な大自然の島々があるが、昆虫採集を考えものかも。根こそぎ捕まえて行くのではないかと心配するのでした。自然豊かですが、珍しい昆虫は捕まえるのではなくカメラで写真に収める程度にしてくれないかと老婆心ながら考え込むのでした。

石垣空港へはバスを利用した。540円でした。所用時間は30分程度だった。離島桟橋からは直行バスもあると教えてもらったが、青いバスに乗った。離島桟橋から乗車したが、最終目的地の石垣空港までは、それぞれの停留所には停まらなかった。タクシーだと3500円程度だった。往きは便乗させてもらった。空港は見送りの学生さんで大賑わいだった。

 到着時の天候は最悪だったが、徐々に快晴となったので順調に仕事を終えることがてきた。

|

« 西表3日目 快晴 海でした。 | トップページ | 737型機 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。