« 高気圧治療 | トップページ | 潜水障害が発生した場合は »

2016年4月 7日 (木)

鹿屋航空基地

 早朝から快晴だった。予想では雨模様だったが、ラッキーだった。ちょうど本州が梅雨入りした際のような強烈な南風の洗礼を受けた。せっかく洗い干した洗濯物が強風の影響を受けてぶっ飛んで行った。また洗い直しだ。

 昨日から行方不明だった航空自衛隊の航空機が墜落した状態で発見された。行方不明だった搭乗員が心肺停止で発見されたとのこと。墜落現場は濃い霧に覆われた山の中で発見された。飛行目的は、航空基地の無線機能の試験とのこと。仕事内容の性質上、どうしても有視界飛行だったようだ。鹿屋航空基地の北側になるのだろうか、1000m級の山がある。昨年だったかな海上自衛隊の練習機のヘリコプターが墜落している。これも気象状態が悪い時だったかと記憶している。

 太平洋戦争中は沖縄方面への特攻機の発進基地となっていた。71年前の4月は沢山の特攻機が鹿屋基地から発進して還ることがなかった。

 隊員の方々のご冥福を祈ります。

71年前の昭和20年4月7日、戦艦大和が沈んだ日でもあるのでした。

|

« 高気圧治療 | トップページ | 潜水障害が発生した場合は »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。