« DMAT | トップページ | 下町の技術は凄い。敬服しました。 »

2016年4月21日 (木)

余震が続く 

 朝から南風だ。室内は蒸し暑いです。今朝は午前3時に目覚めた。蒸し暑い中、布団の中をゴロゴロ。午前5時前に起きてインターネットを立ち上げてメールを一通作成して送信。二度寝する。二回目の起床は午前8時前だった。10時位にメールを送った相手より面談予約承諾の連絡があった。22日の東京での打合せが決まった。もうひとつの予定は、先方様の都合がつかないということで二本目は断念しました。ひとまず決定してホッとしています。打合せ場所は、初めての土地柄だ。羽田空港から直行できることが判った。

 インターネットにて打合せ場所の確認した。これまで足を踏み入れたことがない地域なのでした。下町の技術者と打合せです。今回の発案は、是非とも成功させたい製品なのでした。日本の下町の英知を結集して作りたいのでした。あとは試作する際の資金の目途を考えねばならないのでした。

 熊本では地震発生後、本格的な雨降りとなっている。まだ行方不明者の捜索が続く中、土砂崩れ現場は捜索活動が中止となっている。二次災害の危険性が高いとの判断だ。余震が続く中の判断だ。地震に豪雨が重なっているために新たな土砂崩れや土石流の発生が懸念されるのでした。

 余震が続く。それも予想を遥かに超える規模の余震だ。震度3以上の地震も頻繁に起きている。中には避難所に指定されている学校の体育館でも最新の耐震構造の工事が終了した施設でも起きているとのこと。となるとエアードームのような構造物を作ったほうが安心なのだろう。今回の特徴としては自家用車にて避難生活を送っている方々が多いのも特徴だ。エコノミークラス症候群の増大が心配されている。

|

« DMAT | トップページ | 下町の技術は凄い。敬服しました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。