« 今日から5月です | トップページ | 前線通過した »

2016年5月 2日 (月)

医療用酸素問題

 連休の中日の5月2日(月)通常のお仕事でした。午前中は酸素の発送手続きでした。大型トラックが来てくれましたが、荷物は5本だけでした。お手数かけますが、宜しくお願いします。医療用酸素の輸送は法律の規制があるので、大変です。

 医療用酸素をダイビング現場にて使用することが法律的に再評価され平成27年4月1日より改正高圧則にて厳禁から解禁に大きく転換された。高圧則については所轄官庁が厚生労働省となっている。ただ、このお役所は、以前は厚生省と労働省と違う組織だった。高圧則は、潜水作業や潜函作業等の高気圧作業をする労働者向けの法律として労働省の管轄でもあった。

 医療用酸素については、医薬品扱いとなるので、当然使用できる職業として医師と看護師と限られた職域になっている。新旧の役所が合併してひとつの役所として厚生労働省になった今でも、見えない壁があるのでした。現在、自分等は旧労働省側とは、講演会を一緒に開催し、改正高圧則が変更された旨を広報することができた。

 旧厚生省の医薬品および医療用酸素の緊急時の使用例について法律面での解釈とQ&Aの勉強会を実施している。この二年間の集大成として3月からまとめの段階までこぎつけたのですが、諸般の事情によって延期となっています。連休前を想定していたのですが、連休明け以降になります。

 ひと踏ん張りです。

|

« 今日から5月です | トップページ | 前線通過した »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。