« 栽培漁業は厳しい | トップページ | 渋滞は »

2016年5月 9日 (月)

日本でも公開されるかな。インディアナポリス撃沈にまつわる映画

 今日も暑いです。南側の窓を開けると風圧で北東側の玄関ドアが自然に開いてしまうのでした。室内は28℃湿度は65%だ。熱中症は注意だ。水分補給を忘れずに!!

 石垣や西表の知人は、facebookでは、梅雨明けしたような真夏の真っ青な空の写真が掲載されている。恩納村でも同様な記事がチラホラ。まだまだ梅雨入り宣言はなしです。真夏バージョンの着衣に切り替え、もう少しで完了です。今は扇風機二台を駆使していますが、そろそろクーラーの出番だ。クーラーのフィルター掃除もしなければならない。

 一気に春から夏になってしまうのだろうか。気温はグングンと上がっている。今日あたりは恩納村でも真夏日になるのだろう。今年は、年末から寒暖の差が激しい日が続いているのでした。冬でも夏日になったかと思うと、二・三日後は急転直下の一桁台の温度に北風ビュービュー。もう5月になったので寒いは来ないと思うが、気温は上がったままになりそうだ。

 今年の夏公開予定だと思う映画あります。アメリカ海軍の重巡洋艦インディアナポリスが1945年7月30日に帝国海軍の伊58号によって撃沈された。撃沈後、救助されるまでの物語だ。インディアナポリスは原爆をアメリカ本国からテニアン島まで運んだ軍艦なのでした。超極秘任務だったことが災いした。原爆をテニアン島に陸揚げ後、次の任地に向かう途中に撃沈された。重要任務を帯びていたので無線封鎖中だった。そのために遭難信号と救難信号を発信することできなかった。

軍隊での命令の運用な厳格だ。違反したら軍法会議で断罪されることになる。救助隊に発見されるまでにサメに襲われた事実が判明した。戦後、艦長の責任を問う裁判があったが、帝国海軍の伊58号の橋本以行艦長も証人としてアメリカに行った事実もあるのでした。

|

« 栽培漁業は厳しい | トップページ | 渋滞は »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。