« 身体メンテナンスは | トップページ | 雨の洗礼  »

2016年5月16日 (月)

梅雨入りした

 とうとう沖縄気象台は「沖縄と奄美諸島方面での梅雨入りしたと思われる宣言」が出されました。午前中は、晴れ間が広がっていました。午後から雨が降り出しました。予報よりも3時間程度早かった。気象レーダーでは、帯状に雨雲が棚引いているのが観察できました。

 熊本地方では、地震が続いています。過去に例をみない規模の地震が続いている。気象庁のデータを基にすると14日から続く、震度1以上の回数は、すでに1470回記録しています。まして熊本市の地下に新たな活断層があるのではとの推測も出ているのでした。まだ震度6程度の揺れがあるかもとの注意が出ているのでした。

 九州では火山活動も活発になって来ている。今回の地震が引き金になって阿蘇山の噴火の可能性もあるのだろうか。阿蘇山以上に怖いのは、鹿児島県の沖にある薩摩硫黄島、口永良部島、中之島、諏訪之瀬島の大きなカルデラ爆発は脅威になるのでした。約7000年前の縄文時代の大爆発が起きて、現在の点在する島々に替わった。大爆発して発生した火砕流が鹿児島県の東シナ海に面した地域まで大きな被害をもたらしたことが縄文時代の遺跡の発掘調査で分かった。再び縄文人が戻るまでの1000年の時代の流れが必要だった。また、当時の火山灰が関東の小田原付近でも大量に降ったことが判った。

 現代の状況で大爆発が起きた場合の被害想定は、凄いことになることも判って来た。火山噴火は予防することはできない。爆発を起こしたら制御することができない。爆発が起きたら、止めようがないので、逃げるしか方法がないのでした。火砕流は海面を渡る際の速度は、時速100㎞/h以上の速度で移動することが判っている。陸地に比べると抵抗になる起伏がない、水面は平らになっているので、恐ろしい速度で突き進んくるのでした。

当分の間、熊本と鹿児島から目が離せないのだ。

|

« 身体メンテナンスは | トップページ | 雨の洗礼  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。