« 学術誌を発送しました。台風3号が発生です。 | トップページ | 台風一過、食糧に飲料水、氷の調達だった »

2017年7月 3日 (月)

高校生ダイビング海洋実習

 突然発生した台風3号ですが、昨晩に石垣と西表を通過して東シナ海への移動しています。沖縄本島から離れているかな。正直ホッとしています。明日から自分のかつての職場の高校生の海洋実習が始まるのでした。

 学校でのダイビング実習については、自分も小学生から高校、大学と様々に対応してきました。体育のカリキュラムに組み込まれています。高校では、水産科があるので早い段階からカリキュラムが立案されています。水産高校には専任の教員が複数在籍して指導に当たっている。自分が認定したNAUIインストラクターも現役の教員として活発に活動しています。

 高校でダイビング実習を取り入れているために、次の進学した先の大学でもダイビング実習ができるようにとも考えてお手伝いをしておりました。日本体育大学や筑波大学、東京女子体育大学等でもお手伝いをしておりました。すでに20年以上も前からお手伝いをしていました。

学校でのダイビング講習について費用の問題があります。講習料金として教材費、登録料、プール実習費用、海洋実習費用等々です。潜水器材については、全てレンタル器材とするか、学校側が購入して学生に貸し出す方法もあります。できればマスク、フィン、スノーケル、ブーツにメッシュバック等は事前に購入してもらう学校もあります。自前の器材を用意することは、その後の継続性を考えて提案しています。

少しでも学校が、ある程度器材を揃えてくれると学生の負担も少なるのでした。潜水器材自体は、セット価格で新規に購入すると20万位の費用の出費が必要となるのでした。メーカーに10セットや20セットをレンタル用に購入する旨を伝えて転売しないことを約束して割引価格で購入することがあります。管理はダイビングサービスの手伝いがなければ難しいですね。

さあ明日から海洋実習頑張ります。

|

« 学術誌を発送しました。台風3号が発生です。 | トップページ | 台風一過、食糧に飲料水、氷の調達だった »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。