« 教育セミナーは自己管理で突破 | トップページ | バックアップスタッフを探すのは一苦労だ。 »

2017年11月19日 (日)

季節の変わり目 風邪をひかないように

 北海道からは冠雪の話題が飛び込んできた。積雪が20㎝を越えて地域もあるのでした。南北に細長い日本列島なのでした。沖縄では体感温度が23℃くらいです。曇り空で北風が吹いている恩納村でした。

 明日から月末まで仕事がびっしりだ。ありがたいことです。頑張ります。過密にならないように注意します。季節の変わり目で温度差が出るので風邪引きに注意します。寒暖の差は、ガイドやガイド見習いには辛い季節になりました。内地では、すでにドライスーツを着て潜る季節になっているのですが、沖縄では、まだウエットスーツのままなのでした。濡れた状態で風に当たることでウィンドチル状態になってしまうのでした。外気温が25℃程度でも体感温度は15℃以下になるのでした。

 とくに今年は、台風の接近が10月中旬から下旬に二発だけだったので体力の消耗が続いているのでした。そのためにちょっとした寒暖の差は、疲労した身体には影響力大なのでした。発熱しなくても鼻風邪を引いて、そのまま副鼻腔炎になる可能性もあるのでした。沖縄のガイドでは、副鼻腔炎になる可能性が高いのでした。鼻炎や副鼻腔炎に罹患したり、圧平衡に不安のある方もいます。自分は、肺の摘出手術を経験しているので要注意なのでした。

月末までの仕事は事務所で講義を行い、海洋実習を企画するのでした。気象状態が安定してくれることを願うのみです。天候が大きく崩れると海洋での実習も開催できない可能性もあるので、海況が大きく不安定にならないようにしたいのでした。その他は、講習生に風邪を引かせないようにも注意しなければならないのでした。

 また、多くの方の助けを借りることになります。月末には、久留米大学との共同研究のお手伝いもあるのでした。

|

« 教育セミナーは自己管理で突破 | トップページ | バックアップスタッフを探すのは一苦労だ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。