« 昨日は敬老の日でした。 | トップページ | 次世代の若いダイバーは・・・ »

2018年9月19日 (水)

問診診療5分、待ち時間2時間30分。

 朝から病院でした。8月の定期検診にて、とある薬剤を借り換えた。その処方された薬を服用してから脚の痙攣(こむら返り)を起こすようになった。それ以前は2か月に一回くらい、朝方の寝ぼけ眼の時に「脚の伸び」をするとこむら返りを経験したことがあった。15日の夜から「こむら返り」を経験した。午前3時位だったのですが、目が覚めました。寝返りをして脚に力が入った瞬間だったようです。必死にこむら返りしないように脚の筋肉を伸ばしたりしました。眠気が強くなると脚のこむら返りが再発しそうになるのでした。必死にこらえるのでした。芍薬甘草湯を飲みました。

 即効性、効果が出るまでに20分くらいかかるかな。徐々に効いているが分かります。睡魔が強くなってきます。朝まで眠ることができるのでした。そんな状態が、2日置きに起きたのでした。とある薬を変えた途端にこむら返りの襲来。副作用の蘭には、稀にこむら返りを起こすことがあるとの表記だった。主治医は「一万人に一人」との表現だった。

 先週、自分の医薬品を処方してもらっている薬局に行った。薬剤師に相談したら、主治医に連絡するとのことだった。主治医が外部に診療に行っているので不在。本院に確認したら、救急外来でしか対応できないとのことだった。救急外来の診断を受けるために受付に行った。救急担当医は、現在、自分が服用している芍薬甘草湯を説明した。結局は、救急対応でも主治医の診断を受けてからとなった。問診を受けた。問診聴診の結果、現在、服用している漢方薬で問題ないとのことだった。救急対応なので10日分の芍薬甘草湯を処方してもらった。

 本日は主治医の診察日。午前8時前に受付を済ませて診療を待った。相談の結果、自分は新しく処方された薬は変更なしで次に診療日まで服用を続けることにした。芍薬甘草湯を追加して処方してもらった。本日の病院滞在時間は問診5分、その他待ち時間は3時間でした。その間に確認のために氏名、誕生日の申告を求められたのが、延べで9回でした。疲れました。

|

« 昨日は敬老の日でした。 | トップページ | 次世代の若いダイバーは・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。