« 大学海洋実習、無事に修了しました。 | トップページ | 初めての場所でした。 »

2018年9月13日 (木)

沖縄県知事選挙公示された。

 沖縄県の多くの市町村にて議員選挙結果が出ました。地域によっては、選挙違反がまかり通っている事実も報告されている。選挙違反についての報道は、ほとんど何もなかったような感じで終わっている現実がある。地域が狭すぎるので警察も捜査しにくいのだろう。かつて離島で選挙違反事案が発生した際は、地元の警察ではなく地域に関係のない警察官を集めて捜査に出向いた何てことが報道されたことがあった。

 選挙が行われるたびに内地から見たらおかしいだろうと思われることが横行しているのでした。何回のテレビカメラで撮影され、実際にテレビで報道されているが誰も何も言わないのでした。候補者と一緒に戸別訪問しているのでした。バッチリ映像に映り、放映されいるにも関わらずだ。選挙カーも候補者一人に一台のはずが、応援している政党の街宣車が選挙カーとして応援している。もっとひどい例では、住民票の大量移動があるのでした。今回のように沖縄県内での複数の市町村で同時に選挙が実施されると住民業の移動を、どこの地域にするかの選択がどうなんだろう。住民票を移してから最低でも同一地域に生活することが要件になっている。

 日本国民たる年齢満18年以上の者で引き続き3箇月以上市町村の区域内に住所を有する者は、その属する地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する(公職選挙法9条2項)。実際には、20歳から18歳に年齢が引き下げられたのでした。投票については、当日投票所に行けない場合は、期日前投票が開設されている。沖縄だけでなく身代わり投票が行われるとの噂話も聞こえて来るのでした。

|

« 大学海洋実習、無事に修了しました。 | トップページ | 初めての場所でした。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。