« 連休明け、モズク漁は不作。 | トップページ | 24年前の大震災、近々に起きるかも知れない鬼界カルデラの噴火は? »

2019年1月16日 (水)

口演会でした。

 終日、雨降りの洗礼でした。午後から那覇の沖縄県庁で打合せ。終わって前兼久に戻る。予定では途中で沖縄そばでも食そうと考えていたが、時計を見ると大変だぁ。県庁での打合せが予定よりも長引いたのでした。事務所に戻ってパソコンとプロジェクターを用意して本部町に移動した。午後5時から講演会の予定だ。法定速度を守りながら58号線を北上した。名護から本部町まで道路工事のために二車線が一車線の対面通行だった。路面は雨で濡れていた。おまけに石灰石の採石場だったので道路は泥だらけだった。目的池は5分前に到着した。公民館の敷地内は半分以上が立替工事だった。

 午後5時より2時間、7時まで「2018年の潜水事故の解説、中高年ダイバーの注意事項」休憩をはさんで「医療用酸素の使い方」を口演発表した。本部ダイビング協会での安全潜水講習会は、何年も続けて講師依頼を受けて実施しています。今日も、20名もの参加者がありました。ご苦労様です。

 口演して質疑応答を実施。昨年の潜水事故の特徴の中で、インストラクターやガイドが付いた状態での事故も多数あった。おまけに死亡事故に至っている現状を説明。とくに関東方面での事故の内容についてはインストラクターの技量と海況判断、水中でのトラブル回避のための対応策等に甘さがある旨を伝えた。今日の参加者の中でもインストラクターになってからの経験が二年程度の新人さんもいた。

 もう何回も口演会に参加しているインストラクターさんが多いのでレベルを落とすことができないのでした。誇りなのは、参加者の中からは潜水事故が発生していないのでした。これは自分としても誇りに思っています。延べで2時間があっと言う間に過ぎました。

自分は指導経験が長いので、それなりのトラブル解決法の引出があるので、若い方へのアドバイスが自分等の責務かなと思っています。終わってから新年会でした。自分は恩納村まで帰路の時間があるので、午後10時過ぎに居酒屋さん出発した。本部から名護までは何台かのすれ違いはありました。10台にも満たなかった。移動距離は188㎞でした。明日も長距離の移動があるのでした。

|

« 連休明け、モズク漁は不作。 | トップページ | 24年前の大震災、近々に起きるかも知れない鬼界カルデラの噴火は? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。