« 退職して24年が経過した。 | トップページ | ウィンドウズ7から10へ »

2019年3月21日 (木)

午前中は那覇往復でした。

「春分の日」だった。午前中は那覇まで遠征した。那覇のガイドさんに資料を渡すためだった。ご本人は、午前様だったとのことでした。今日は、ダイビングの仕事がない日だったので友人達と飲んでいた。昨晩、電話した際は、その真っ最中だったようだ。無事に資料を手渡して帰路についた。実は、石川インターから沖縄自動車道で那覇に向かったのですが、インターの手前50m位に自転車に乗った人がいた。一瞬、沖縄自動車道に乗り入れるのかと気になりバックミラーで再確認した。自分はETCを通過して那覇に向かったが、その後は分からない。昨年は喜舎場のトンネル付近の路肩を歩く人を発見したことがありました。あの時はびっくりした。 帰路、スーパーに寄った。食品売り場では行楽弁当や春分の日の盛合わせ総菜セットが沢山販売されていた。お彼岸なのだと実感した次第です。独り者なので季節の風物詩には 疎くなりました。そろそろシーミーのシーズンにもなるのでした。午前中にも関わらず副都心のスーパーは混雑していました。  往復ともに沖縄自動車道を使った。行きは石川から那覇インターまで、帰路は那覇インターから沖縄南まで走った。車の性能が向上しているのだろう。軽自動車が100㎞近くのスピードで抜いていくのでした。相変わらずレンタカーが疾走していくのでした。沖縄自動車道は95㎞以上が取り締まりの対象となっていると聞いたことがあります。追い越し車線を猛烈なスピードで追い抜いていく車両は確実に100㎞以上になっているのでした。  沖縄では軽自動車の保有台数が普通車よりも多いかもしれない。軽貨物車に仕事道具を満載して仕事場に向かって走っているのだろうか。運転席の窓全開で走っている車、もしかしてクーラーをつかっていないのだろうかなって考えてしまうのでした。夏場ではクーラーは必需品だ。クーラーなしでの運転は熱中症になってしまうのでした。実際に夏場に搬送された事例が何例あると教えてもらいました。

|

« 退職して24年が経過した。 | トップページ | ウィンドウズ7から10へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。