« 新型のCPRマネキンを導入しました。 | トップページ | 酸素講習会、無事に修了しました。 »

2019年5月17日 (金)

医療用酸素講習会、学科編でした。

 梅雨入り宣言が出て2日目です。天気予報では、午後から夜にかけて雷と雨が強くなるとのことだったが、夜に雨の洗礼だけだったのでした。結局、昼間は薄曇りで済みました。

 恩納村にて初めて医療用酸素講習会を開催しました。講義と実技を2日間に分けて実施しました。で、本日は講義と質疑応答を実施しました。講義についてはマニュアルを受講者に先に送りました。事前に内容を確認するようにお願いしました。資料関係は、クロネコヤマトのコンパクト便にて発送しました。コンパクト便で出すと追跡確認がパソコンで確認することができるのでした。

 一応、恩納村ダイビング協会の会員向けに情報発信したのですが、反応はあまりありませんでした。時期的にはサンゴの産卵時期に重なる可能性があるのでした。今回の講習は、夜間に実施しています。昼間の仕事を終えた後の午後7時から3時間です。17日は講義と質疑応答、18日は実技と筆記試験を行うスケジュールにしました。

 本来は午前9時くらいから午後4時位までの日中に実施することが多いのですが、今回は夜だけのスケジュールで講習会を計画しました。ガイドダイバーの資格に係わる内容で講習会を開催するのは初めてです。これまでは安全講習会という内容でゴールデンウィーク前や年末年始に開催しています。またCPRトレーニングについては、無料講習会を実施していました。

 以前から医療用酸素の講習会を開催しようとアポローチしているのですが、ガイドダイバーから喰らいつきは弱いのでした。環境調査会社、大学の海洋生物研究者からの問い合わせが多いのでした。ガイドダイバーが関心が薄いのは、何故かな。無関心ではいられない状況になっているのですが、なかなか反応は厳しいです。水辺活動現場での救命救護対応としての医療用酸素の重要性は、理解しているはずですが、現実に資格を取得するまでには至っていないのでした。

|

« 新型のCPRマネキンを導入しました。 | トップページ | 酸素講習会、無事に修了しました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。