« 大学にて視覚教材作成のお手伝い | トップページ | 医療用酸素講習会、学科編でした。 »

2019年5月16日 (木)

新型のCPRマネキンを導入しました。

 昨夜来から雨が降り始めました。とうとう沖縄地方も梅雨入りになりそうだ思っていたが、午前11時に沖縄地方も梅雨入りした模様との控えめな宣言が出ました。。

 夕方からCPR講習でした。1:1でアシスタントを他のインストラクターにお願いしました。新しくCPRレサシアンを購入しました。ちょっと高かったのですが、自費で購入しました。心臓を圧迫すると心臓から頸動脈、頸動脈を経て大脳に血液が流れをLEDライト(赤い光)で教えてくれる機種です。   製品が紹介されたので早速メーカーにお願いして実物を購入しました。メーカー側は、デモ機を用意しましょうかとの連絡があったのですが、一日でも早く購入したいので即決で購入を決定しました。

 このレサシアンですが、心臓圧迫の位置が割ると大脳までの血流が達することがないのでした。現状で、販売されているレサシアンは、とりあえず呼気吹込みと心臓圧迫をトレーニングする目的作られているのでした。万人がCPRを憶することなく抵抗なしに実際のCPR対応できるようにと設計されたトレーニング機器なのでした。

 これで自分が所有しているレサシアンは赤ちゃんが一体、児童が一体、成人が5体目になります。成人の一体は全身タイプです。医療機器会社が廃棄処分するので無料でもらってきました。1980年に実物を購入したのですが、当時の金額で50万円でした。今の貨幣価値にすると70万とか80万円くらいの価値だったようです。どんなことをしても欲しかったので借金して購入したことを覚えています。今の上半身だけのレサシアンは4から5万円位ですね。

 交換用の肺も、予備品として赤ちゃん仕様から成人仕様まで各サイズ手持ちで持っています。製品時代はシリコン素材が使われているので経年劣化が少ないです。かつての日本製では経年劣化が酷く素材の表面がベタベタになっているのでした。さすがにシリコン素材は、経年劣化しないので助かります。また消毒もできるので講習には便利です。

|

« 大学にて視覚教材作成のお手伝い | トップページ | 医療用酸素講習会、学科編でした。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。