« 交通事故 何故 | トップページ | 医療用酸素事始め! »

2019年5月10日 (金)

 ひとまず安全運転に努めます。

 大津市で起きた交通事故の話題がニュースやワイドショーで報道が続いている。事故内容が次第に明らかになって来た。直進車と右右折車の事故の責任割合の問題で直進車で子どもたちに突っ込んだ運転者が、昨夜釈放され、事故の直接的な責任が重大だということで左折者の運転手は逮捕されたままだ。事故割合が低いということで釈放された運転者には、子ども達を轢いた感触は、一生消えることはないのでした。

 直進した状態で運転していて、急に道路の飛び出してくる車が多いことを経験しているかと思います。左右の確認をせずに、飛び出してのんびり走り出す車。左折とか右折のウィンカーを点滅せずに直進車線に突っ込んで来る。きっと直進車が、自分の車に気づいてブレーキを踏んでくれるだろう。止まってくれるだろう。「・・・だろう運転が横行するのでした。」何度もブレーキを踏んで減速したことを覚えています。

 なかには酷い事案では、携帯電話を会話しながら車道に飛び出してきたことも経験したこがおるのでした。その怒りの矛先を誰に向けたらいいのか。車のナンバーを控えて警察に連絡するか、でも警察官の現場確認でないとダメですね。訴えても意味がないのでしょうね。こちらは血圧が上がるだけかもです。

 あとは沖縄では外国人を筆頭にするレンタカーが急増しているのでした。これらの運転手のマナーも問題になっている。違法駐車、無理な車線変更、カーナビ運転による低速運転等だ。それに万一にでも交通事故を起こした場合に、早々に日本を離れて帰国すれば賠償請求ができなくなるなんてことも起きているのでした。

 また沖縄では無保険状態で走っている車両も多いのでした。本来なら車検を受ける際に自賠責保険の支払証明書を添付しなければならない。ということは車検受けていないことを意味するのでした。あと任意の自動車保険の加入率は50%以下というデータが公開されています。つまり無保険状態と無車検状態で車が走っていることになるのでした。

|

« 交通事故 何故 | トップページ | 医療用酸素事始め! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。