« 大学構内での講習が終了しました。 | トップページ | 土砂降りの中の運転、注意します。 »

2019年6月19日 (水)

6月18日、午後10時22分地震発生

 昨晩は、びっくりしました。17日まで滞在していた新潟県や山形県での震度6の地震発生。仕事をしていた。テレビの画面に津波情報とテロップが見えた。一瞬、何が起きたのか分からなかった。

 通常番組が放映中だったのでした。画面が、すぐには切り替わらかなった。民放でした。民放の場合は、広告宣伝場体でもあるので、契約している企業の許可を得る必要があるのだろうか。しかし、英断があったのだろうか、でも、すぐに地震情報に切り替わった。

 山形から新潟、富山県、石川県沿岸部に津波警報が発令された。午後10時25分くらいだったが、安否確認のために新潟に電話した。上越の山の中なので、津波は心配ないとしても揺れの被害が気になった。福井にも電話した。出なかった。それで東京にも電話した。どこも大丈夫とのことだった。

 震源地は、新潟と山形の県境付近の日本海だった。近くには粟島があった。津波情報は1mだった。津波の高さが1m。実際には50cm程度の津波でも人間は歩くことができないのでした。結局は、多少の潮位の変動があっただけだった。海岸線での津波被害が報告されなくてよかった。

 自分は昭和39年6月に起きた新潟地震を経験している。生まれ故郷の長岡では、群発地震も経験しているのでした。地震の発生時期は、豪雪時期の1月とか2月だった記憶があります。その後は、新潟を離れたが、

 記憶新しいのは10月に発生した大きな地震。山古志村が大きな被害を受けた地震。この時は東京都心にいた。それも超高層ビルの最上階にいました。教え子の結婚式に参列していたのでした。最終便で沖縄に戻る予定でした。東京にいても地震の情報はわからなかったので沖縄の知人に連絡したら新潟で大きな地震が発生し、大きな被害が出ていることを教えてもらった。超高層ビルからは最優先で、第一陣として地上に降ろしてもらい、空港までタクシーで移動し最終便に飛び乗ることができたのでした。

|

« 大学構内での講習が終了しました。 | トップページ | 土砂降りの中の運転、注意します。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。