« 医療用酸素充填、耐圧検査終了 | トップページ | 慰霊の日だが、自国は自分で守るしかない。 »

2019年6月22日 (土)

恒例の蟻さんの大移動

 梅雨明けが長引きそうだ。例年ですと20日前後ですが、今年は遅れそうです。原因は太平洋高気圧の張り出し具合が弱いのでした。そのために梅雨前線が北上できないのでした。特に沖縄本島北部や奄美大島方面に梅雨前線が停滞し、大量の雨が降り続くのでした。

 逆に本州方面では梅雨入りが遅れているので渇水対策が深刻になりつつある地域もあるのでした。前線のちょっとした位置の違いで大きな差が出ているのでした。

 梅雨末期の土砂降りが続くと、毎年恒例の蟻さんが部屋に入ってくるのでした。何故かって、これは推測ですが、大量に雨が降り続いているために地中の蟻の巣が大変なことになっているのかもしれないのでした。蟻の巣全体が水浸しになって生活する場所がなくなってしまい、一時しのぎに地上に避難。事務所の駐車場から階段、入り口のドア付近まで蟻さんの行列ができているのでした。

 蟻が新天地を求めて部屋に侵入してくるのでした。毎年、この時期に部屋の中で蟻の行進に出くわすのでした。梅雨明けして地面が乾燥するまでの間の年中行事なのでした。幸いにも蟻に噛まれることもないのでした。

  沖縄本島及び周辺離島では、連日の雨降りのために海に赤土が流れ込んでいる。とりあえず風向きによっては沿岸部から沖合に向けて流れているので浅場は、多少の濁りがありますが、ダイビングポイントについては透視度には影響が出ていないようです。部分的にサンゴの産卵も確認されています。

 大半の方々は、携帯端末からの電話機能を使って通話をしていると思います。そのおかげでしょうか間違い電話が時折掛かってきます。自分の携帯では、相手先の氏名が登録されているので誰から電話なのか確認できるのでした。呼び出し音で電話に出るのですが、呼びかけても応答がないのでした。もしもしと声をかけて相手が、自分の声を聞きつけて電話に出ることがあるのですが、大半は、意図した電話ではないことを確認したら、自分から切るようにしています。自分も同じようなことがないように気を付けます。

 雨の一日でした。

|

« 医療用酸素充填、耐圧検査終了 | トップページ | 慰霊の日だが、自国は自分で守るしかない。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。