« 戻り梅雨があけたが、今度は台風接近らしい。 | トップページ | 台風5号がやって来る »

2019年7月16日 (火)

恩納村ダイビング協会が琉球水難救済会の救難所として公認されました。

 朝から外に出る際は、帽子が必要です。また、サングラスも必携です。迂闊にも午前中は帽子を事務所内に忘れた。サングラスは車に常備なので問題なしだ。が、太陽光線ギラギラの下、車から降りる際、ついついサングラスをかけたまま事務所に入ってしまうことが何回もありました。あぁぁ生活眼鏡に切替えるのを忘れたのでした。

 台風が発生した。台風5号(ダナス)と命名された。東シナ海を北上するルートが公開されました。となると沖縄本島には大量の雨が降り注ぐことになりそうだ。今後の気象レーターで、どれくらいの雨雲を引き連れて北上するのか、じっくり観察しなければなりません。折角、戻り梅雨が去ったと思った途端の台風情報。あぁぁ今年も天候不良で悩む夏場になりどうだ。

 本日、恩納村ダイビング協会が琉球水難救済会の81番目の救難所として開所式を開催しました。参列者は、恩納村村長、那覇海上保安部次長、石川警察署、金武地区消防署長、恩納村漁業組合長でした。マスコミ取材はNHK、新聞二誌が取材に来てくれました。びっくりしたのは、NHKはテレビカメラで式典を撮影してくれました。それに恩納村ダイビング協会会長のインタビューまで撮影してくれました。NHKは夕方の定時ニュースで、ばっちり放送してくれました。

 今日は訃報が飛び込んで来た。フリーダイビングのチャンピョンだった女性が亡くなったとのことだ。知人から電話がありました。潜水事故の情報はなかった。夜になって新聞報道があったとの記録がfacebookに掲載されました。朝、アパートの二階から転落し、医療機関に搬送されたとのことでした。約5日間のICUでの治療でしたが、7月15日の海の日に亡くなった。

 海外では、テクニカルダイビングで著名な方が二名亡くなったとの報道がfacebookに掲載された。何か、事故の連鎖が続くのでした。

 ご冥福をお祈りします。

|

« 戻り梅雨があけたが、今度は台風接近らしい。 | トップページ | 台風5号がやって来る »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。