« 雨の日でしたが洗車しました。 | トップページ | 期日前投票行って来ました。投票あれこれ »

2019年7月19日 (金)

海外からの海洋調査隊向けに側面からサポートしています。

 時の流れは速い。もう週末の金曜日となりました。本日は午前中から午後2時位まで医療用酸素関係の輸送用の荷造りのための材料の買い出しと空ボンベの回収と充填依頼。週明けに初めての離島に医療用酸素ボンベの発送手続きで動き廻っていました。


 来週の離島での医療用酸素の受領する担当者にもメールにて手続き完了と受領方法についても連絡しました。週明けの月曜日か火曜日には、那覇に充填済みの酸素を発送手続きに行きます。それ以外に初めての離島に酸素を発送する予定です。今回は、大学と国外の海洋生物研究機関との合同潜水調査隊向けの安全対策の一環としてお手伝いです。


 一昨年から国外の海洋生物調査隊と大学の研究機関との合同潜水調査のアドバイスとサポートをしています。これまで海洋調査の段階での安全対策として関心が低かった緊急対応用の資機材について準備を怠るなとのガイドラインが国外の海洋研究者からの依頼があり、大学の研究者から相談がありました。


 医療用酸素の持ち歩きについては沖縄本島内であれば車に積んで運ぶことができます。離島については、医療用酸素ボンベのレンタル依頼ができる施設が一か所しかなかったのでした。他の離島については、私が所有している医療用酸素ボンベを、それぞれの離島に発送しました。4か所の離島での海洋生物調査については、問題なく実施することができるようになりました。ただし、今回の台風5号の影響で1日半だけ調査に出ることができなったとの報告がありました。


 今回、自分も新たな発見がありました。改めて国外の海洋生物研究機関の潜水調査の安全対策のガイドラインと具体的な現場での運用について勉強になりました。日本の若い海洋生物学者さんも、よい刺激を受けているようだ。自分は、全ての離島への医療用酸素ボンベの受け入れ先と搬送方法が確立することができたのでした。まだまだ海洋調査は始まったばかりだ。残りの3か所での離島での調査が待っているのでした。


 沖縄本島、午後7時に波浪警報が解除されました。明日から恩納村ではダイビングが始まるのでした。

 

|

« 雨の日でしたが洗車しました。 | トップページ | 期日前投票行って来ました。投票あれこれ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。