« スノーケリング海洋実習が無事に終了しました。 | トップページ | 気温順化は大丈夫ですか? »

2019年7月 1日 (月)

今日から7月。あなどれない熱中症

 週末明けの月曜日、午前中は医療用酸素を輸送会社に発送の手配をお願いして来ました。週明けの月曜日でしたが、交通量は以外にも少なく感じました。今日から7月が始まりました。

 昨日は、終日炎天下で監視業務にあたっていました。お肌の露出は半袖のポロシャツから出た腕、スポーツサンダルから出た脚先。頭は帽子を被っていたので頭皮の日焼けはないです。耳と首筋もかね。強烈な紫外線の下で被覆を通しても日焼けしているかもしれないのでした。腕は日焼けで少々腫れている状態でした。普段付けている時計を、腕に漬ける際に留める穴が一個緩くしました。普段の留める穴にしたら腕が絞まる感じがしたのでした。日焼けは一種の炎症を起こしているのと同じなのでした。足の甲も腫れているのでした。ヤケドの分類では「1度」ですね。

 温水で食器や調理道具を洗ったのですが、手にかかる温水が皮膚に当たってチクチク感がありました。完全に「ヤケド1度」の症状を呈しているのでした。仕事が終わって帰路に着く際に水を浴びておけばよかったって反省しています。久しぶりの日焼けでした。

 自分は陸上からの監視業務でしたが、水中でスノーケリング指導していたインストラクターは軽い熱中症になってしまったようでした。装備は5㎜のロングジョンと上着を着て指導をしていました。できるだけ水分補給を心掛けるようにお願いしていたのですが、ウエットスーツのために体熱を発散することが、うまくできなかったようでした。

 仕事が終わって着替えたのですが、気分が優れないということだったので、一緒に仕事をしていた方に運転をお願いして戻りました。帰路の車内では、熟睡していたとのことでした。約1時間で恩納村に戻りました。侮れない熱中症。普段と同じ装備だったようですが、スノーケリングなので直射日光の下での活動になります。スクーバは水中に潜るのですが、スノーケリングは水面を泳ぐ、その差で熱中症にやられたのでした。今後とも注意します。

|

« スノーケリング海洋実習が無事に終了しました。 | トップページ | 気温順化は大丈夫ですか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。