« 気温順化は大丈夫ですか? | トップページ | 戻り梅雨になりました。 »

2019年7月 3日 (水)

雨が鹿児島県本土に降り続いているのでした。

 連日の大雨情報。鹿児島県から熊本県へ範囲が広がった。一日で一か月分の雨が降っているのでした。週末まで降り続く予報が発令されているのでした。鹿児島県内では太古の時代から火山の噴火によって積もった火山灰で構成されているのでした。ネット情報を検索するとシラス台地という単語がヒットします。太古の時代、噴出した溶岩流や火砕流を伴った激しい複数の火山活動の結果、形成された土地なのでした。鹿児島県本土では52%を占めることが判っているのでした。

 水を含むと脆くなっている土地なので土砂崩れ、がけ崩れを引き起こし易くなっているのでした。気象庁も自主的に避難するように勧告が出されているのでした。国営放送も繰り返し災害情報と避難に関する報道が続いています。 

 沖縄でも記録的短時間の降水を経験していますが、幸いにも数時間か、断続的に二日程度で終息しているのですが、鹿児島県本土では、もう何日も続いているのでした。すでに地面が雨水を吸い込む能力の限界を超えているので、いつ何時でも災害が発生する可能性があるのでした。沖縄は梅雨明け宣言が出された後は、晴れ間が広がっています。

 今週末は、大学のスノーケリング海洋実習です。公欠者と欠席者が対象となります。少人数なので一回の海洋実習を実施することになります。大学からの要請で2名のインストラクターと大学の講師の合同での海洋実習となります。強い紫外線の下での活動になりますので日焼け対策を慎重に実施します。ハブクラゲ対策として、事前の水域の確認を実施します。

大学でのスノーケリング実習については指導依頼を受けて二年目を迎えます。自分は大学からのプール講習と海洋実習の日程が提示され、併せて指導に必要な人数の指示を受けて人材確保となるのでした。自分が担当しているのは、5月末からの医療用酸素講習から始まり、スノーケリング講習と続くのでした。

|

« 気温順化は大丈夫ですか? | トップページ | 戻り梅雨になりました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。