« 海の日関連の連休中。海洋調査での現地対応の調整中 | トップページ | 恩納村ダイビング協会が琉球水難救済会の救難所として公認されました。 »

2019年7月15日 (月)

戻り梅雨があけたが、今度は台風接近らしい。

 今日が、本当の「海の日」でした。てっきりハッピーマンデーだとばかりの思っていました。お恥ずかしい限りです。かつては7月20日で固定された休日でした。夏休み前の祝日だったのでした。できるだけ祝日を増やそうということで7月の第三週の月曜日と決められたのです。それで土曜日、日曜日、月曜日の3連休となった経緯があるのでした。 すっかり忘れていました。

 今年は、天候不順が続いているのでした。沖縄では、6月に梅雨明け宣言が出されたのですが、その後は戻り梅雨で連日の雨降りとなり、つい先週に梅雨明け。奄美方面でも、遅い梅雨明け宣言が出ました。遅い梅雨明けの影響で、沖縄本島では強く南風が吹いているのでした。例年に比べて二週間から三週間の遅れかと思います。

内地では、天候不順で気温が低いままに推移しています。農作物の成長に影響が出ているのでした。日照不足が主な原因なのでした。夏の果物の西瓜や桃、梨、トウモロコシ等。とくに露地栽培の野菜にも同様な影響が出ているのでした。

 早く太平洋高気圧が安定してグッと張り出して欲しいのでした。

 今週は、台風が発生し接近する予報が出された。週末に向かって雨マークが天気予報で発表されたのでした。あれ、戻り梅雨があけて真夏の真っ青な空とギラギラする太陽光線の照射を考えていたが、とんでもない予報だった。ガーン、離島のガイドさんは台風だってインターネットでの天気予報の画像を添付していたのだ。折角、晴れ間が広がるようになったと思った途端、台風です。あぁぁこれも自然相手の仕事の宿命なのでしょうね。

 自分は10月に実施される沖縄県消防学校の水難救助課程の教材作成に明け暮れることになるのでした。現場での写真撮影や教材類の撮影もあるのでした。今後の沖縄県の水難救助課程の基本教材とすべく書き上げる覚悟をしています。

|

« 海の日関連の連休中。海洋調査での現地対応の調整中 | トップページ | 恩納村ダイビング協会が琉球水難救済会の救難所として公認されました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。