« 戻り梅雨、訓練中止でした。 | トップページ | 大学での海洋実習は、戻り梅雨の影響で中止でした。 »

2019年7月 6日 (土)

連日の土砂降りと遠雷だった。

 昨日から、ずっと雨の洗礼だ。前々日から原稿書きで徹夜寸前でパソコンに向かっています。パソコンを使って仕事をしている最中に、一番怖いのは落雷で事務所内の電気系統に過剰電流が流れ込んで電化製品類をショートさせてしまうのでした。沖縄本島では、経験したことがないのですが、離島では電話器、冷蔵庫や電灯、冷蔵庫、FAX,パソコン等の家電に過剰電流が流れて壊れてしまったのは、何回か見たことがあります。ブレーカーが付いていてもダメな場合があるのでした。遠雷のピカピカゴロゴロは怖いのでした。


 雨量は半端ないのでした。昨晩は恩納村でも大雨警報が発令され、夜中には竜巻注意報も発令されました。短時間に30㎜から40㎜位の雨が降りました。携帯電話での注意報の通報システムでは、2~3時間おきに「大雨が降りますよ。」警報が入電していました。恐るべし戻り梅雨の脅威でした。


 雷や竜巻が発生しやすい気象状況は、何を意味するのだろうかって。地上の温度が高くなっている状態になっているが、上空に冷たい空気が地上付近まで降りて来て暖かい空気と混じって雷が発生するのでした。つまり、冷たいが寄せて来たことを意味します。北寄りの風も影響を与えているのかもしれない。


 今日の恩納村の海にはリーフに沿って白波が立っていました。リーフ内は静かに見えましたが、ボートは2隻位しか確認できませんでした。たっぷり雨が降っていました。一昨日に酸素充填依頼に出していた医療用酸素ボンベを受領して、そのまま那覇の輸送会社に発送手続きでした。今回の送り先は、西表島なので、海上保安庁に提出する書類も添付しなければならないのでした。海上保安庁への申請は、輸送会社が代行してくれるのでした。

輸送会社は、月曜日から土曜日が荷受を請負ってくれるのでした。日曜日はお休みとのことでした。荷物の持ち込みは、できるだけ午前中にしようと考えています。それも午前11時15分くらいまでと考えています。午後は1時から3時位までです。それ以降は、曜日によっては船積みのために荷受するスタッフさんが少なくなるのでした。


 天気は回復して欲しいのでした。

|

« 戻り梅雨、訓練中止でした。 | トップページ | 大学での海洋実習は、戻り梅雨の影響で中止でした。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。