« 台風10号が発生した。 | トップページ | 台風9号の影響が沖縄本島にも出て来た。 »

2019年8月 7日 (水)

台風9号、10号の動きは・・・・

 いよいよ台風9号の影響が出始めました。沖縄本島でも午後4時30分に波浪警報が発令されました。八重山地方では瞬間最大風速が60mが吹く可能性があるとのこと。高潮の危険性も指摘されています。明日から明後日にかけて先島方面が直撃となります。東シナ海に抜けた後のコースが気になるのでした。東シナ海を中国大陸に沿って北上するとなるとウネリの影響が長く続きそうだ。

 沖縄本島周辺の離島からの定期船は、今朝から全便欠航になっています。石垣や宮古空港では、今日までは通常に飛んでいますが、明日の便は全便欠航が決まった。沖縄本島では、東よりの風が吹いています。前兼久では低地なので高潮の影響で浸水騒ぎになるかもしれないのでした。明後日以降、どれくらい雨が降るかが心配になります。

 マリアナ諸島にある台風10号の動きについては、もしかすると迷走台風になるかもしれないのでした。日本、アメリカ、ドイツの気象台がスーパーコンピュータを使った計算結果については、それぞれ違うルート予報になっているのでした。日本の気象庁の計算結果でも27通りに動きが考えられるとのことでした。

 夏の台風は、迷走台風になる可能性が高いのでした。太平洋高気圧の張出具合と台風9号が東シナ海を北上した結果でも高気圧が発生する可能性があると指摘されているのでした。朝鮮半島と九州の間に高気圧が発生した場合は、台風10号の動きが抑えられるのでした。おまけに台風が存在する海域の海水温も高く推移しているので速度が遅くなれば台風の勢力が発達する可能性があるのでした。

 10日はお盆の入りとなるので民族の大移動が始まる頃ですが台風の影響が残り、交通手段は混乱したままになりそうだ。航空機の運航は、早い段階から再開されるが、船便には長く影響が残るのでした。おまけにお盆シーズンなので普段以上に大量の貨物を運ぶことになるのでした。

|

« 台風10号が発生した。 | トップページ | 台風9号の影響が沖縄本島にも出て来た。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。