« インバウンドから国内客誘致に政策を変更 | トップページ | きゅうりが高いのでした。二本で258円でした。 台風11号接近中 »

2019年8月22日 (木)

医療法酸素発送を終えましたが、台風11号が接近中です。

 21日午後3時に台風11号が発生した。フィリピン東海上に熱帯性低気圧の雲の塊があったが、とうとう台風になりました。現状では、25日くらいに台湾方面に動く予想になっている。東シナ海には翌日の26日には抜けて中国大陸に向かうことになる。となると沖縄本島では、南風から東風に変わるのでした。あとはウネリの影響が、恩納村が面している西海岸へ大きな寄せ波が打ち寄せるかもだ。あくまでも予想の範疇なのでした。

 午前中に医療用酸素の充瓶を輸送会社に持参して貨物船に載せる手続きでした。離島に向けて発送した。今回の台風11号が近づく前に目的地に届けることができると思います。ガスが詰まった状態の充瓶は、貨物船にしか積み込むことができないのでした。空瓶については空瓶であることの証明書を添付すれば郵便物として輸送されます。

 ガスボンベについては、空っぽであれば通常の郵送物として運ぶことができるのでした。ただ、とある島の郵便局と宅配業者から空瓶の輸送を断れたことがありました。平成26年から27年にかけて衆議院議員を通じて日本郵便の本社の担当者に相談した結果の資料を離島の担当者に送りました。掌を返したようにすんなりと空瓶の輸送が再開されました。宅配業者には連絡しませんでした。後日判明したのは、断ったとある離島以外は、これまで通りに問題なく空瓶を輸送されています。

 離島向けの医療用酸素を発送したが、実は週末辺りに接近する台風11号の動き次第で、今週中に手許に届けられるか、どうかだ。沖縄での物流については常に気象状態の影響を受けます。台風以外では、運航停止することはないのですが、どうしても台風が頻回に発生する夏場では、台風の動きに敏感になってしまうのでした。空瓶を送る側も、充瓶を送る側も気象図を眺めています。

 今回の台風11号は、勢力も大きいのですが、それ以上に沖縄だけでなく本州方面でも秋雨前線を刺戟する可能性があるので台風から遠く離れた地域でも大量の雨を降らせる注意報が出ています。

|

« インバウンドから国内客誘致に政策を変更 | トップページ | きゅうりが高いのでした。二本で258円でした。 台風11号接近中 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。