« 13日の金曜日伝説は存在した。 | トップページ | 敬老の日 昨日ガイドが減圧症で入院したとの連絡がありました。 »

2019年9月15日 (日)

季節外れのインフルエンザ流行だ。

 朝から沖縄本島は雨雲に覆われて雨の洗礼を受けています。恩納村でも午前7時でも薄暗い朝を迎えました。一瞬目覚めた時は、まだ午前6時前くらいの暗さだった。慌てて時計を確認した。すでに午前7時過ぎだった。沖縄の週間天気予報は、台風になるかもしれない熱低の影響雨降りになるとのことだったので当たっていました。15日位から雨が降るという予想でした。三連休の中日ですが、肌寒さも感じる季節になりました。

 季節外れのインフルエンザが流行っているとのこと。冬以外の時期にインフルエンザの流行警報が発令されたのは10年ぶり。小中学生を中心に流行しているとのことだ。9月10日までの2日間で県内の幼稚園で2つの園、小学校で21校、中学校で10校、高校が1校で休校や学級閉鎖が報告されているとのこと。

 この時期のインフルエンザの流行は何故起きているのだろうか。今年のような天候不順で寒かったり、暑くなったりの繰り返しなのだろうか。それともインバウンドの影響で他国からの観光客が流入している影響もあるのだろうか。差別的な発想ではないのですが、季節の異なる地域から人的交流が盛んになると、これまでの限られた地域での人的接触とは異なることが起きる可能性が大きいと推測されるのでした。

 最近では国内での豚コレラの発生源についても疑問符があるのでした。これまで日本では豚コレラの発生は稀でしたが、野生のイノシシが感染源ではないかと推測されるが、根本的な発生源については分かっていないのでした。時々、外国人が違法に持ち込む豚肉製品に豚コレラに感染している製品が確認され没収されている。空港や港での検疫官の働きで未然に防ぐことができているが万全な体制で阻止できていない可能性があるのでした。

 季節は、夏から秋になります。夏場に比べると朝晩はめっきりヒンヤリした空気になります。自分も風邪をひかないようにします。

|

« 13日の金曜日伝説は存在した。 | トップページ | 敬老の日 昨日ガイドが減圧症で入院したとの連絡がありました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。