« 沖縄では天候不順が続いています。台風13号の置き土産です。 | トップページ | 崎本部海岸の変化 将来的にはダイビングポイントとして使えるかな。 »

2019年9月 9日 (月)

台風の影響でテレビが見れない。共同アンテナが故障しているのでした。

 週明けの月曜日。伊豆半島の東海岸および首都圏、千葉方面では台風15号の置き土産の映像がインターネットにも掲載されていた。やはり最大瞬間風速は60mクラスの風が吹いたことが気象台から発表された。停電の影響が各所に出ているとのこと。実は台風13号の直撃を受けた宮古島ですが、まだ停電が続いている箇所が何か所かあるとのこと。

 伊豆半島の西側では、今回の台風は大きな被害は報告されていないのでした。伊豆半島の山々が壁になって西側は台風の影響が少なかったのだろうと想像されます。西海岸のダイビングサービスに電話をしたら、夜中に風が強かったくらいとのことでした。

 事務所のテレビが映らなくなって5日目かな。台風13号の雨と風の影響ですね。在沖テレビ局は一つも写らないのでした。画面には故障している原因について文字情報が出るのみなのでした。外部の情報は、テレビではなく、インターネット経由でしか確認することができないのでした。また、恩納村の地形の問題があってAMラジオの電波は入り難いのでした。夕方になると中国大陸からの電波干渉があるために混信するのでした。そのためにインターネット経由のラジコで聴取しているのでした。

 携帯電話や端末にあるワンセグは、恩納村は放送圏外になっているので視聴することがでないのでした。携帯各会社が競って品質の向上を図っていると宣伝しているのにも関わらず、恩納村では圏外となったままなのでした。リゾートホテルが林立している有数のリゾート地帯なのですが、ダメでした。そのために我が事務所は、テレビの共同アンテナが外部からの情報入手の生命線なのでした。

 地上波でしか生活していないのでした。それ以外になると有料になっているので、支払う月額を考えると無料の地上波のデジタル放送しか視聴しないのでした。情報収集にも貧富の格差があるのでしょうね。あくまでも無料で視聴できることが前提になっているのでした。

 明日から大学の海洋実習です。

|

« 沖縄では天候不順が続いています。台風13号の置き土産です。 | トップページ | 崎本部海岸の変化 将来的にはダイビングポイントとして使えるかな。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。