« 台風13号は最大瞬間風速60mを記録した。明日は北上予定だ。 | トップページ | 共同アンテナが壊れた。テレビが見れない。 »

2019年9月 6日 (金)

台風13号は北上した。沖縄本島では台風の影響は、少なく済んだ。

 台風13号が宮古島直撃、次に久米島を通過して東シナ海を北上しています。起き抜けに気象レーダーを確認した。確実に北上しているのですが、沖縄本島は台風の進路の右側になるので強風圏の勢力下にあるのでした。午前9時過ぎに沖縄自動車道を那覇方面に向かった。横風の影響を受けた。途中で、一時視界が100m以下の土砂降りにも遭遇した。思わず時速50㎞/h位まで速度を落としました。

 予定通りに那覇の運送会社に到着した。事前に台風が接近している中でも荷物を預かってくれることを確認して恩納村を出発した次第だ。那覇市内も思ったよりも渋滞がなくすんなり走れた。朝の交通情報では、普段よりも自家用車で出勤する人が多いとのことだった。自分が浦添から那覇市内を通過した時刻は午前10時過ぎだったが、信号で停止するだけで渋滞には会うことはありませんでした。

 港には沖待ちしている貨物船や貨客船が停泊していました。台風が過ぎるのを待っているのでしょう。今回も沖縄本島では、特別な台風対策を講じることはなかった。これは事前のインターネット上で公開されている台風情報の精度が高くなっているお陰なのでしょうね。宮古島では風速60mを超える暴風雨の洗礼を受けた。沖縄本島で、60mの暴風雨が吹いたら、大きな被害が出ることだろう。また、停電も長時間続くことになるのだろう。

 もう一つ幸いしたのが、南シナ海から北上していた台風14号が消滅してくれたのです。13号が過ぎて週明けから沖縄本島を狙う予想だったが、消滅したのでした。これで予定通りに大学の海洋実習を実施することができるのでした。

 一応、海洋実習が実施出来ない場合を考えて交換プログラムも準備していたが、その必要性もなくなったようだ。延べ時間数にして6時間程度を考えていた。参加学生にとっては物見遊山の修学旅行ではなく、必要単位を取得できるチャンスなのでした。

 週末は消防学校の視覚教材の仕上げをします。頑張ります。

|

« 台風13号は最大瞬間風速60mを記録した。明日は北上予定だ。 | トップページ | 共同アンテナが壊れた。テレビが見れない。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。