« 台風の規模がデカくなっている | トップページ | 台風一過の晴れ間が見えた。 »

2019年10月12日 (土)

台風実況放送が始まった。

 久しぶりにITCでの教え子さんと会いました。東京で仕事をしているが、沖縄にも営業所を作ったので月毎に来沖しているとのことでした。

 何年振りだろう。子ども連れで自分の事務所に遊びに来てくれたのでした。その際に一緒に連れて来た幼児が、何と海上保安官に任官したとのこと。現在は、念願叶って潜水士に合格して巡視船に乗船しているとのことでした。お父さんは、自分がインストラクターに認定しました。以後、サラリーマンをしながらダイビングインストラクターも継続しているのでした。当然、息子さんも小さい頃からダイビングを親しんでいたのでした。

 自分にとっては真に嬉しい話でした。 実は、昨晩からNHKテレビを付けたまま就寝しました。台風情報を知りたかった。ラジオは民放、テレビは国営放送にしました。まだ台風は太平洋上にあったのですが、風と雨に洗礼が強烈と放送されていました。

 台風情報についてはNHK,テレビ朝日は通常番組を中止して災害情報を放送しているかな。自分は恩納村にいるので沖縄のテレビ局が経由しているので内地での放送と同じとは思うのでした。

 今回の台風ですが、当初は沖縄方面にも接近して大きな影響を及ぼすと想定されていました。自分等も進路情報には緊張感を以っていました。幸いにも途中から本州に接近する進路に変わりました。グァム島沖を進んでいる最中に急激に気圧が低下した。どんどん大きく成長した。午後3時位に内地の知人が気圧を図ったら985ヘクトパスカルを記録した写真をfacebookに投稿していました。まだ午後5時位ですが、上陸していない状態。1都6県に大雨特別警報が発令された。気象庁が緊急会見を開催している。まだまだ台風本隊が上陸していない状況なのにです。

 「自分の生命を守ることを優先して欲しい」との内容だった。これから夜にかけて本隊が上陸することになるので、まだまだ雨が降り続き、風も一段と強くなることを意味しているのでした。

 これらの情報は停電している地域は確認することができるのだろうか。携帯端末からでも情報を収集することができることを願っています。

|

« 台風の規模がデカくなっている | トップページ | 台風一過の晴れ間が見えた。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。