« もしも、沖縄本島でも停電が続いたら・・・・・ | トップページ | 今日も資料準備でした。 »

2019年10月 4日 (金)

キャッシュレス対応が当たり前になった

 来週から始まる講習会用の資料作成の大詰めを迎えた週でした。初稿を提出した。ホッと一息ついています。朝から快晴、日中は暑くなっています。まだまだ車を運転する際はクーラーが必要です。10月になったのですが、日中は暑い日が続いています。

 10月になって消費税が10%になりました。まだ4日しか経過していないのですが、日常生活ではピンと来ていないでした。消費税が8%の際に買い物をしたほうがいいよとワイドショーでは紹介されていたが、結局はコンビニとスーパー等で食材を購入しただけ。外食は2軒で共に現金ではなくキャッシュレスで対応しました。

 そうだ、9月で大きな買い物は車用のバッテリーを新品に買い替えました。消費税が8%だったのですが、それでも42,000円位でした。金額的には、一番大きな買い物でした。これからは現金での買い物よりキャッシュレス時代が確実に到来することは分かっているが、キャッシュレスで買い物して支払う際にポイント還元が付与される。永遠に続くこともないのでしょうかね。

 キャッシュレス対応できるカードや携帯端末への対応を、どこまで実行するか。沖縄にて生活しているとワオンかエディを使っています。日本全国となると大都市圏では鉄道関係のキャッシュレス対応が当たり前になっているので、スイカを使用することも考えています。そう言えば牛丼屋でも使えるキャッシュレスカードにスイカが使えるとありました。

 ところでスイカへの入金方法は、駅舎での券売機にて入金できるのは分かっているのですが、沖縄では対応可能なのだろうか。調べてみたら、何と令和2年春から使えるとの資料が見つかりました。沖縄モノレールではオキカ(OKIKA)がありましたが、内地からの観光客からは内地での鉄道関係のキャッシュレスカードが使えないのかって問い合わせが多かったようです。

 沖縄もキャッシュレス対応が当たり前になった。

|

« もしも、沖縄本島でも停電が続いたら・・・・・ | トップページ | 今日も資料準備でした。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。