« 台風実況放送が始まった。 | トップページ | 吊上げ救助での落下事案発生 »

2019年10月13日 (日)

台風一過の晴れ間が見えた。

 体育の日の連休中日だ。台風19号に翻弄された一日でした。何人かの知人の住まいの地名が放送に出ていた。電話して消息を確認することができた。今回は風の影響も然ることながら大量の雨が降り続いた。洪水の危険性が高くなった。幸いにも皆さん無事とのこと。停電は少し経験したが、長時間の停電にはならなかったとのことでした。あくまでも自分の知人の消息でした。

 一番心配した東京湾の高潮による被害報告が出ていなかったこと。台風の進路は東京上空を通過したにも関わらず海抜0m地帯や下町での浸水騒ぎはなかったようだ。事前の徹底した台風情報と対策の指示、早期の避難を呼びかける放送。被害を最小限に抑えることができたのではないかと思いました。

 かつての教え子で都内の地域限定のFM放送局にて通常番組を中断して台風情報を放送していたとのことだった。当直明けで他のスタッフと交替して帰宅したって連絡がありました。ご苦労さまです。

 今日は長野や栃木での洪水騒動の中の救助活動が放送されていた。ヘリコプターを使っての救助活動が各地で展開されている姿が放送されています。ただ報道側でもヘリコプターを飛ばしているので救助活動の邪魔をしないようにと思ってしまうのでした。

 以前、地震で家屋が倒壊し、その倒壊した家屋の下敷きになっている人の助けを呼ぶ声が報道ヘリが低空で飛ぶために捜索隊の捜索救出活動に苦労したって話を聞いています。災害現場からの中継は不要とは言えませんが、捜索ヘリや救助ヘリの邪魔にならないようにして欲しいでした。航空管制も厳しくなっているかなって思います。

 東京都内では多摩川に架かる日野の橋が一部欠落したとの報道がありました。濁流が橋を支えている橋脚の基礎部分が流されたとのことでした。復旧にどれだけの時間が係るのだろうか。災害現場から中継では台風一過の晴れ間が広がっているのは象徴的でした。

 週末明けの沖縄本島の天気予報では雨と曇りマークがびっしりだ。水難救助課程の第二週目の突入です。

|

« 台風実況放送が始まった。 | トップページ | 吊上げ救助での落下事案発生 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。