« 復興の今後は | トップページ | 右膝負傷、整形外科で受診  »

2019年11月 7日 (木)

待望の麺類にありつけた。

 曇り空だった。本日も医療用酸素の発送手続き那覇と恩納村を往復だった。車の往来は、少なく感じた。

 実は、昨晩は夕飯に外食でした。5日から発売された「牡蠣づくし卵あんかけ」を食したかった。お一人様で、暖簾を潜った。午後8時過ぎだったのですが、目的の麺を注文した。意外な答え返ってきた。「本日は、肉類は完売です。」とのことだった。じゃ「牡蠣づくし卵あんかけ」をお願いしますって店員さんに伝えた。「すいません。牡蠣づくし卵あんかけも売り切れました。」がっくりした。結局「冷たいぶっかけ大」と天ぷらとオムスビを注文した。当然、ネギは山盛り。あぁぁと、何時リベンジするか考えながら食しました。せっかく車を飛ばして行ったのに。

 で、即効でリベンジしました。那覇の帰路に立ち寄ることにした。午前11時15分位にお店に立ち寄った。昨日とは違うお店でした。店内では、自分が2番目だったようだ。早速、注文した。特大で注文。天ぷらは牛蒡とちくわを注文した。もちろんネギは超山盛りにしました。牡蠣は7粒、思ったよりもサイズは大きく感じた。証拠写真を撮った。またもや炭水化物の大量摂取してしまった。ネギを山盛りにすることで炭水化物の威力を半分位は和らげることができればと、勝手に思っているのでした。出汁の味を堪能しました。

 テレビCMの効果は絶大ですね。単純に映像を見て食べたくなり、お店の暖簾を潜ってしまうのでした。喉越しと食感を味わいたくて食べに行くのでした。沖縄そばは、ご無沙汰しています。明日のお昼は、沖縄そば決定。沖縄そば、ラーメン、讃岐うどん、素麺、日本そば、スパゲッティ等の麺類、自炊しているので自分で作ることは可能だが、どうしても食感としての麺のコシを再現することが難しいのでした。

 同じ系列店でも、麺のコシについては違いがあるのは分かりました。三か所の系列店で同じ種類の麺を食べて結果でした。自炊が続いているので、時には外食を楽しむのでした。

|

« 復興の今後は | トップページ | 右膝負傷、整形外科で受診  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。