« アフガンでの銃撃事件 | トップページ | 首里城火災原因は不明のままだ。 »

2019年12月 6日 (金)

寒い週末の始まりでした。

 一段と寒さが厳しくなった週末だ。おまけに北風に雨だ。沖縄本島北部の国頭村では13℃を記録したとのこと。この冬一番の寒さだ。週明けまで寒さが続くとのことでした。今回の天候不順では風が強く吹いているのでした。等圧線が縦縞で間隔が狭くなっているのでした。縦縞で間隔が狭いということは、気圧が急速に変化しているために風が強く吹き、気温もグッと下がるのでした。

 外出する際は、ダウンジャケットを着込んでいます。北部のダイビングサービスの知人が嘆いていました。この強風のためにお店に併設していた潜水器材を干す鉄パイプで作った棚が壊れたとのことでした。これまでの台風にも耐えた来た鉄パイプの棚が、あっさりと崩壊したとのことでした。

 午後から事務処理仕事でした。9月から伝票整理が待っているのでした。一人なので、全て自分一人で処理しなければならないのでした。この週末は伝票処理だ。伝票毎に仕分け作業をしなければならないのでした。出金先別に出金伝票を作成します。

 仕分けについては税理士事務所からの仕分け表に基づいて処理します。それらを一日毎に日付で処理します。伝票以外に請求書や納品書等も、項目毎に分けています。最終的に決算集計する際の出金の根拠となるのでした。費用明細も一緒に含めてまとめています。

 11月末のダイビングインストラクターは、翌年のインストラクター資格を維持するための諸経費の支払に苦労しているのでした。年会費、賠償責任保険、その他に所属団体指定のサービス提供する施設の維持費等です。それぞれの団体ともに会費を値上げした。

 年々、資格維持の経費が高騰しているが、実質的には各インストラクターへの恩恵は皆無に近いのでした。そのために資格維持を諦めて退会するメンバーも多いのでした。潜水指導団体では、経営努力は皆無に等しいのでした。指導団体を維持するために値上げになっているのは否めないのでした。

 全国的にインフルエンザが猛威を振るい始めています。昨日は、はとバスの運転手がインフルエンザのために意識朦朧となって交通事故を起したとのニュースが流れました。注意しましょう。

|

« アフガンでの銃撃事件 | トップページ | 首里城火災原因は不明のままだ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。