« あと2日となりました。天候は荒れ気味になる予想だ。 | トップページ | 初夢は »

2020年1月 1日 (水)

何となく波乱万丈な2020年の幕開け

新年明けましておめでとうございます。年越しの花火の音を聞きながら新年を迎えました。風は冷たいのですが、穏やかな朝です。

 

 知人のダイビングサービスは、糸満方面とレッドビーチと二班に分かれて出発しました。気温は寒いですが、晴れているのでダイビングには支障がありません。

 年末に大きな動きがありました。旧日産の社長だったゴーン氏がレバノンに戻ったとのニュースが流れた。刑事被告人となっているので日本国内に留まる条件で保釈されているのでした。本人名義のパスポートは弁護士が預かっている状態だった。が、何故か出国したのでした。彼は複数のパスポートを所持しているようで、今回はフランスのパスポートを使ったということだ。

 ゴーン氏は超有名人なので出国の際入国管理の承認を得ないと出国することができないはずだが、何故かトルコ経由のレバノン到着したとのことだった。今日になってレバノン政府はゴーンの入国は正規の手続きだったと宣言した。しかし、日本からの出国記録が確認されていないのでした。出入国管理は、厳密に行われているはずだが、出国記録がないとのことだった。外国の防諜機関が関与したのだろうかって推測がなされている。

 無罪請負い弁護士が記者会見した。ゴーン氏の出国は報道で知ったとの談話を発表している。国選弁護人ではなくゴーン氏が雇った弁護士なので、彼等の立場としては、今後どうなるのだろうか。保釈金15億円は国に没収となった。今後、ゴーン氏をレバノン政府は日本に送還することはしないだろうとの姿勢になっている。被告人本人が日本にいない状態では、刑事裁判は開かれないことになるのだろう。

 てっきりフランス政府が力添えしたのかって考えたが、そこまでのリスクを負うこともないとも考えた。ゴーン氏がレバノンから他の国に出た際の隙間を狙って日本はインターポールを通じて国際手配となるのだろうか。

 何となく波乱万丈な2020年の幕開け。

|

« あと2日となりました。天候は荒れ気味になる予想だ。 | トップページ | 初夢は »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。