« 週末の仕事がキャンセルとなりました。ドンマイです。 | トップページ | ダイビングサービスの跡継ぎは »

2020年1月17日 (金)

緊急対応用装備調査実施

 昨夜からの雨が続いています。北風が吹いて寒いです。内地の太平洋岸では、昨晩通過した低気圧が太平洋岸に沿って北上していくのでした。この時期に太平洋岸を低気圧が北上する際は、東京辺りに雪を降らせることになるのでした。明日の18日から共通一次試験が始まるのでした。今年が最後となる共通一次試験が始まるのでした。天候不順で受験生の足が奪われないことを願います。寒暖の差が激しいのでした。

 医療用酸素の現場配備状況について調査しているのですが、約50件中10件しか指定した期間内で返信がありませんでした。追加して再調査しています。果たして、どれくらいの回答率になるかなって。意外にも興味がないのだろうか。年末に連絡したタイミングが悪かったのだろうか。

 調査している内容ですが、医療用酸素ボンベ、酸素供給機器、AED、酸素飽和度計、血圧計、トレーニング用レサシアン、CPRとレスキュートレーニングへの参加、医療用酸素の取扱える有資格があるか等も併せて確認をしています。平成23年度の沖縄県で実施した調査では医療用酸素の現場配備率は30%以下でした。全県のダイビングサービスと特定の地域の所有率の比較にならないかもしれないのでした。とりあえず身近なところから調べます。

 これまでに何回も潜水障害を防止するための講演会を開催して医療用酸素を潜水現場に配備することで、万が一の場合に活用すれば有効に機能することを強調してきました。安全対策のための講演会と現実の現場での乖離が大きかったりして。昨年は恩納村では二件の死亡事故が発生しています。最善を尽くしたのですが、死亡事案となりました。事故経過については会員を集めて時系列で当事者が説明する会を実施しました。類似の事故が起きないように戒めを含めて開催を決定しました。

 明日からのセンター試験、大幅な天候不順にならないことを願っています。受験生の皆様頑張ってください。

|

« 週末の仕事がキャンセルとなりました。ドンマイです。 | トップページ | ダイビングサービスの跡継ぎは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。