« 新型コロナウイルス肺炎、後手後手対応で蔓延中だ。 | トップページ | 開院前の新規医療機関が新型コロナウイルス陽性患者の受入れ表明 »

2020年2月16日 (日)

ウイルスは紫外線に弱い説

 天気予報では、午後辺りから前線が通過して北風に変わり、一気に夏日から冬に逆戻りになるとのこと。あいにく午後から北部で打合せがあるのでした。折角、昨日洗車したばかりなのでした。仕方がないか。

 ウイルスが紫外線に弱いとのこと。という記事があるとメッセンジャーで教えてもらいました。以前からウイルス研究者の方は、述べています。実際は、どうなんだろうかって思うことがあります。今回の新型コロナウイルス肺炎の世界的な発生状態を世界地図にプロットすると何故かアフリカや中近東の砂漠地帯での発生がないのでした。一昨日、エジプトで陽性患者が一名報告されています。やはりウイルスは紫外線に弱いのかって納得していました。沖縄県庁職員がチラリと漏らしたとのこと。

 しかし、沖縄では内地に比べると紫外線が強く照射されます。夏でもインフルエンザが猛威を奮っています。那覇市内でのこと。海沿いの市町村でのインフルエンザ情報が少ないので真偽のほどは不明です。空気の綺麗な沖縄なのですが、喘息患者が以外にも多いのでした。これは沖縄の家屋の構造上の問題だと指摘されています。台風が多い沖縄なので、住宅では外気を取り入れて空気を強制的に換気できない構造になっていると説明を受けたことがあります。

 今回、大御所さんは換気をしっかりと実施することが重要と力説されています。大御所さんは根路銘国昭博士です。実際に海外での医療機関での対応を紹介していました。入院施設の清掃と換気かぁ。でも未知のウイルス対応としては周囲に影響を与えることを考えると陰圧室対応がベストかと思うのでした。

 自分は、11年前に肺を手術しているので、通常の風邪もご法度なのでした。たまに処方されている薬の影響で空咳があります。世間相場では、クシャミは問題ないとしても咳は、ご法度なのでした。迂闊に咳き込みは新型コロナウイルス肺炎の陽性患者じゃないかって疑われること間違いなしでした。

|

« 新型コロナウイルス肺炎、後手後手対応で蔓延中だ。 | トップページ | 開院前の新規医療機関が新型コロナウイルス陽性患者の受入れ表明 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。