« クルーズ船での陽性反応 今後14日間缶詰決定 | トップページ | ドクターヘリ運航調整委員会でした。 »

2020年2月 6日 (木)

クルーズ船での陽性患者が出ている。

 今日も新型コロナウイルス肺炎の話題が持ち切りだった。新たにクルーズ船から10名の陽性患者が見つかったとのこと。とうとう日本が中国に続いて二番目の陽性患者を記録したことになる。これは国の検疫体制の不備が招いたことなのだろうか。中国での患者数や死者数については、常に疑問が残るのでした。はたして正確な実数なのだろうかって。中国には戸籍のない人も多いとされている。もしかするとボディカウントされないのかもしれない。


 そう言えば中国の習近平氏の動静が、この一週間表舞台に出てきていないのでした。本来、共産主義国では、その国を治める人物が、常に第一線で動き廻ることをテレビ映像として放映されせているが、一切姿を見せていないのでした。


 沖縄県では、横浜に停泊しているクルーズ船が、実は那覇や鹿児島でも下船して観光に行っていることが判った。タクシーやバスの運転手を追跡調査しているとのこと。と大きな問題になっている。尖閣諸島への領海侵犯を繰り替えしているのでした。それも一隻ではなく一度に4隻が同時に侵入を繰り返しているのでした。迷惑行為を繰り返している。そんな中、日本からは衛生用品が送られているのでした。中には、防護衣セットを10万着も送る散弾をしているのでした。援助する際は駆け引きは必要がないとされるかもしれないが、不快感があることを明確に伝える必要があると理解している。


 現在、中国からの航空機の乗り入れを禁止している国が増えている。このまま日本での陽性患者が増え続けると、日本からの航空機の乗り入れや入国禁止なんて処置が出されるかもしれない。そこまではいかないとは思うが実際は、どうなんだろう。しかし、そもそもの発症の原因は、何が原因だったのかは、相変わらず不明のままになっているのでした。となると、また同じような疾病が発生する可能性があるのでした。

 

|

« クルーズ船での陽性反応 今後14日間缶詰決定 | トップページ | ドクターヘリ運航調整委員会でした。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。