« 13日の金曜日 まさかのフライトキャンセルとは | トップページ | ちょっと先が見えなくなった。 »

2020年3月14日 (土)

米国は非常事態宣言を発した。

 やってしまったぁ。何をって。またしても二度寝でした。午前6時45分に目覚めました。外は薄暗く、寒かった。布団の中は南国状態だった。枕元に置いていた携帯端末を手に取って気象レーダーを確認。あぁぁ北風だぁ。

 ニュースをチェックしていたら、二度寝の世界に潜入していたのでした。気づくと何と午前9時を過ぎていたのでした。またしても、やってしまったのでした。反省しています。ニュースでは、都心での雨から雪になっていた。気温も前日に比べると16℃も寒くなっているのでした。沖縄も激寒です。

 WHOがパンデミックを宣言した。遅きに失したと思っている。余りにも中国に気兼ねし過ぎた結果と揶揄されている。アメリカは国家非常事態宣言が出された。カナダのトルドー首相の奥様が新型コロナウイルスの陽性と判定された。首相は大丈夫なようだが、ビデオチャット形式が他の閣僚と審議をするとのことだ。続々と各国政府要人がコロナウイルスの影響を受けている。日本は大丈夫かぁ。

 今になって中国は被害者面したメッセージを発し始めているのでした。新型コロナウイルスの正式な病名に「武漢」という名称を組込みたいのでした。自分は大賛成なのでした。「武漢ウイルス肺炎」とね。中国はアメリカが中国に持ち込んだとのメッセージを発しているのでした。

 世界が大迷惑している疾病なのですが、責任を明確にしておかねばならないのでした。すでに中国よりも欧州方面での感染拡大が続いている。当初は3月中旬位までに終息の兆しがあるのではないかと予想されたが、ここに来て先が見えない状態になっている。

 治療するための医薬品の開発を始めているようだが、まだまだ時間と費用が掛かるのでした。現在の治療として、様々な薬を使って治療が行われている。まだ完全な治療薬が見つかっていない現状だが、対象療法として医薬品が使われいる。医療機関は積極的情報を開示して効果のあった治療方法のエビデンスが、少しづつ蓄積されているのでした。エビデンスなき治療は医療界にあっては厳しいかもしれない。

 AIを解析に活用して、よりよい治療法が開発されることを願うのでした。

|

« 13日の金曜日 まさかのフライトキャンセルとは | トップページ | ちょっと先が見えなくなった。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。