« 膝を突き合わせての打合せは重要だ。 | トップページ | 感染症の専門家は  春の選抜高校野球が中止決定。 »

2020年3月10日 (火)

医療機関は厳戒態勢だ

 夜中に、凄い雨音がして風も廻りました。字は一転して曇り空の北風となりました。午前8時位でも外は暗かった。おまけに二度寝してしまったのです。

 沖縄で発症した新型コロナウイルスの陽性患者三名は、すでに退院したとのこと。4人目の発症症例が出ないかと日々、ハラハラしています。中国での症例では、陽性から陰性、陰性から陽性に転じるケースが何例も報告され、おまけに陰性になった後は四週間の監視期間が必要との報告もあるのでした。

 沖縄本島の幾つかの市町村では、学校を再開し始めています。とくに沖縄では内地に比べるとシングルマザーの割合が高いのでした。そのために長期間の学校休校となると子ども面倒を見るとなると親が仕事を休まなければならない現状があるのでした。休業すれば給与に影響が出る。政府は休業補償をすると明言しているが、実際の手続きとなると大変の手間がかかりそうだ。フリーランスでも休業補償すると政府が明言した。

 ここに来て感染症の専門家と称する医療関係者がマスコミに引っ張りダコになっている。しかし、中には営業優先の医療機関だと揶揄される方もいると身近な医療関係者から声が出ているのでした。びっくりです。でも、解説しながら自身の経営する医療機関に誘導するのだろうか。同じ医療機関から輪番でテレビに出演しているようにも思えるのでした。繰り返し医療機関名がテロップとして流れるのでした。勤め人が通い易い都心に医療機関名なのでした。自然と、ついつい足が向くのだろう。テレビで見たことがある著名な医療者だからって通うのだろうな。

 相変わらず新型コロナウイルスの影響下、自粛が一段と進行している。自分も熊本で開催予定でした講演会と医療用酸素の資格講習会の中止を決定し、関係者に配信した。今回は潜水工事関係者の方からの参加申込が多かったです。

 現在、熊本市内の医療機関は厳戒態勢となっているのでした。入院患者への面会禁止、外部からの来客の規制、医療者の活動規制等々の方針が打ち出されていることが判りました。これは沖縄でも、同様の処置になっているとのことでした。

|

« 膝を突き合わせての打合せは重要だ。 | トップページ | 感染症の専門家は  春の選抜高校野球が中止決定。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。