« 20日にレッドビーチで潜水事故がありました。 | トップページ | 騒動の根源は »

2020年3月22日 (日)

今後、二週間は沖縄も厳戒態勢だ。

 南風が吹いています。ベランダの冊子の間を吹き抜ける音がしています。事務所内では、6カ月ぶりに扇風機を廻しています。湿気がこもらないようにと考えています。

 あぁぁ4例目の新型コロナウイルスの陽性患者が沖縄で見つかったとの臨時ニュースが、昨日流れた。スペインを観光して帰国した一家だった。その中の10代の学生さんが成田空港にて入国手続きの際に検疫にて検査を受けたが、結果が出る前に沖縄に戻った。自宅に戻ってから陽性との結果が出たとのことでした。沖縄県にも陽性通知が届いたのでした。那覇空港から自家用車で自宅に戻ったことが判明している。が、濃厚接触者が数名いるとのこと。10代の陽性患者は指定の医療機関に入院処置となった。残りの家族と濃厚接触者については、早急に検査と隔離が必要となる。今後、二週間が濃厚接触者および一家の経過観察が始まるのでした。尚、4例目の陽性患者は沖縄県での発症患者数にはカウントされないとのことだ。

 それにしても成田空港の検疫にて検査をしたのに、その結果が出る前に沖縄に戻ったことについては、沖縄県サイドとしては、この一家については、とやかく言わないようだ。法的拘束力はないと県幹部が明言した。一家の無責任な行動した結果、5例目6例目の陽性患者が出ないことを願うのみでした。

 九州の大分では、医療機関での院内感染で多数の陽性患者が出ているのでした。今日現在で14名が発症しているのでした。クラスターを形成しているのでした。今後も患者が増える見込みだ。

 世界中が新型コロナウイルスの影響で機能マヒ状態となっている。現在、ヨーロッパが大変な事態に陥っているが、今後はアフリカや中東、南米等でも大きな被害が出ることになる。極東地域では、北朝鮮での新型コロナウイルスの被害が不明なままになっているが、国家存亡の危機に陥っている可能性があるのでした。それにしても中国の責任は重大になっているのでした。

 沖縄も、今後の二週間は厳戒態勢が必要となるのでした。

|

« 20日にレッドビーチで潜水事故がありました。 | トップページ | 騒動の根源は »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。