« 3月最初の週末ですが、お天気な下り坂。活動自粛が続く世の中 | トップページ | 膝を突き合わせての打合せは重要だ。 »

2020年3月 8日 (日)

髄膜にも侵入した新型コロナウイルス

 沖縄では新型コロナウイルスの陽性患者が3名まで確定して入院治療が行われました。すでに陰性となって退院した。最初に陽性とされたタクシー運転手さんが隔離病棟から一般病棟に移った。女性のタクシー運転手さんと農業の男性とも陰性確認が取れたので退院したとのことでした。

 内地では、新型コロナウイルスの陽性患者が日々発症している。山梨では新型コロナウイルスが髄膜に侵入して、より重篤になって隔離された。これまでは呼吸器系に影響を与えるとされていたが、ウイルスが骨と脳や脊髄の間にある髄膜にウイルスが侵入したウイルス性髄膜炎を併発していることが判った。搬送先の山梨大学医学部付属病院の会見で明らかになった。コメントとしては「髄膜炎の原因が新型コロナウイルスである可能性が極めて高い」とのことだ。20代の男性が欠勤して、不審に思った会社が男性の自宅を訪ねたら、部屋の中で倒れているところを発見され医療機関に緊急搬送されたとのことでした。治療法については、通常の髄膜炎での治療が行われるのだろうか。

 新型コロナウイルスの治療法として体外に接続した人工心肺装置で血液中のガス交換を行っていることが報告されています。治療薬については、喘息の治療薬で効果があったとの報告もあるのでした。具体的に「アビガン」やエイズ治療薬等が治療に使われている。まだ特効薬は開発されていないのでした。

 日本では大手医薬品メーカーが陰性になった患者の血液を使っての血液製剤を製造することが広報された。果たして、血液製剤の効果のほどは如何になるのでしょうか。厚生省は最終的に治療薬として認可するのかな。アメリカでも新型コロナウイルスの治療薬の開発を始めているが、まだ成果が報告されていないのでした。 新型コロナウイルスが世界中に広がりを見せている。終息の兆しが見えないのでした。アメリカ合衆国でも猛威を奮い始めている。ついに首都のワシントン市でも陽性患者が見つかった。ニューヨーク市では非常事態宣言が発令された。

|

« 3月最初の週末ですが、お天気な下り坂。活動自粛が続く世の中 | トップページ | 膝を突き合わせての打合せは重要だ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。