« 今更パンデミックの宣言したWHO | トップページ | 米国は非常事態宣言を発した。 »

2020年3月13日 (金)

13日の金曜日 まさかのフライトキャンセルとは

 13日の金曜日です。何事もなければって思っています。昨晩の天気予報では、午後から沖縄本島では大荒れになると予想だったので、ちょっと早めに動きました。幸いにも大きく天候が崩れることがありませんでした。風廻りが心配でしたが、午後からは前兼久の海は凪ぎ状態になっていました。

 3月26日から29日まで福岡経由で熊本にて講演会と講習会を開催する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で熊本市内での講演会と講習会ともに中止を決断した。すでに旅行社に飛行機と宿泊を依頼していたのですが、予定の変更を余儀なくされました。全てキャンセルせずに福岡にて、今後の研究について打合せすることにしました。

 予定通りに26日に福岡に宿泊し、27日に最終便で沖縄本島に戻る航空機に変更しました。旅行社にて手続き変更を行いました。新しい予約もすんなり完了しました。コロナの影響で戻りの便の変更は無料で済みました。

 本日、事務所に戻ってメールを確認。航空会社からの連絡がありました。27日に予約した最終便が航空会社の都合でフライトキャンセルとなって旨の連絡がありました。まさか、フライトキャンセルになるとは思っていませんでした。もしかして、13日の金曜日かなって一瞬思いました。旅行社からも連絡がありました。週明けに再度フライトスケジュールの調整をすることになりました。まさか福岡那覇間のフライトがキャンセルになるとは思わなかった。

 沖縄県は、16日以降の催物については開催する方針が出ました。しかし、新型コロナウイルスの陽性患者が見つかった場合は、催物は中止するとのこと。また、県内の幾つかの学校も、すでに再開し始めています。沖縄県では3名の陽性の患者が見つかった以降、4人目の陽性患者が見つかっていないのでした。そんな状態なので、集会や催し物を再開することを決めた根拠だ。世界的にはパンデミック状態になっている中での知事の決断だ。

|

« 今更パンデミックの宣言したWHO | トップページ | 米国は非常事態宣言を発した。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。