« 各国が入域制限や空路遮断が始まった。 | トップページ | 20日にレッドビーチで潜水事故がありました。 »

2020年3月20日 (金)

サリン事件から25年目 聖火到着

 1995年3月20日の地下鉄サリン事件が発生してから25年の月日が経過した。前日の19日に自分の送別会がありました。在職約20年の水泳教室を退職。午前5時過ぎまで二次会、三次会とお付き合いをしてもらっていました。そのまま教室にて午前様状態で雑魚寝していました。お昼前位に霞が関方面で大変なことが起きているとニュースが飛び込んで来た。叩き起こされてテレビの前に集合でした。 送別会に参加したメンバーの何人かは、サリン事件が起きた地下鉄を利用して通勤や通学を予定していたが、20日は休暇を取っていたようでした。後日、助かったと連絡を受けました。あれから25年。サラリーマン生活から野に下ったのでした。自分にとっては3月20日はサリン事件ともに退職した記憶が入り混じっているのでした。記憶の風化が著しいとの指摘されているのでした。

 新型コロナウイルスの影響でオリンピックの開催の可否が議論されている。世界中に蔓延している状態でオリンピックに参加する選手の予選会すら開催できない状況となっている。こんな中で7月に日本でのオリンピック開催が危ぶまれる。様々な意見が出ている。政府は、予定通りに開催準備して7月に開催に備えるとの見解を表明している。

 現役選手からもオリンピックの開催はすべきでないとの意見が出始めている。選手については2020年7月に、選手自身の能力のピークが来るように調整しているので、無観客開催でも実施すべきとの意見もあるのでした。3月20日時点でオリンピックに参加が決まっている選手は43%とのこと。半分にも満たない状況だ。

 オリンピックの開催には多くの利権が絡んでいるのでした。アメリカのテレビ局3大ネットワークが放映権を買い取っているので中止や延期は難しいとの話もあるようです。といいつつ航空自衛隊松島基地に到着した聖火が日本に到着したセレモニーをのんびりとテレビ中継を見ているのでした。

 強風が吹く中でのブルーインパルスが描く五輪の輪、見事に成功したのですが、如何せん強風の影響と雲の影響で見えにくかった。ちょっと残念でした。

|

« 各国が入域制限や空路遮断が始まった。 | トップページ | 20日にレッドビーチで潜水事故がありました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。