« ひたすら人混みを避けた。沖縄では新たに2名の患者発生。 | トップページ | 志村けんさんが亡くなった。コロナウイルスの肺炎で »

2020年3月29日 (日)

陽性患者が続々見つかっている。

 首都圏での外出自粛要請が出ている週末。コロナの陽性患者数は急増している。あくまでも非常事態宣言ではなく、外出自粛要請のままなのだ。日本の法律では命令が明確になっていないので守る人もいれば、どこ吹く風対応になるのでした。

 福岡県、福岡市、北九州市でも新たに6名の陽性患者が発症したことが判った。28日の夜に外出自粛要請が出された。熊本市でも温泉施設に滞在していた方が陽性と診断された。福岡、熊本共に外出自粛要請が出た。自分は28日に福岡から戻りました。

 沖縄でも陽性患者が見つかっている。ニューヨークからの帰還した留学生は偉かった。発熱症状があったので沖縄に戻ってからはホテルに宿泊しているとのこと。食事は家族が運んでいるとのこと。濃厚接触を避けるためにあえて自ら選んだ対処だった。先の勝手に自宅も戻った一家とは対照的だ。

 日本各地でコロナの陽性患者が続々見つかっている。その多くが何故発症したか不明な場合が多いことが特徴とのこと。これは大きな問題点となるのでした。これまでは陽性患者からの聞き取り調査で、ある程度の活動内容と接触者の関係等が調べることができた。最近の陽性患者については感染源不明で発症しているのでした。

 志村けんさんは、呼吸不全に対するECMOに繋がれて治療を受けているが、志村さんの飲酒歴と喫煙歴を考えると相当厳しい状況が想定されるのでした。最悪の状況も考えねばならないかもしれないのでした。飲み屋さんで感染したのだろうか。飲み屋さんで感染となると追跡は難しいと言われているのでした。もしかしてお忍びで飲み屋さんに通っていたかもしれないのでした。

 沖縄では、沖縄本島以外にはコロナの陽性患者が出ていないので離島では、のんびりムードが漂っているかもだ。観光客とくに中国や韓国からは入域禁止となっているので、日本人だけで居酒屋や焼き肉屋が混雑しているとの投稿があった。もしかして居酒屋や焼き肉屋がクラスターになる危険性が高いのでした。

 明日以降も、東京都では外出自粛の指示が出された。その効果は。

|

« ひたすら人混みを避けた。沖縄では新たに2名の患者発生。 | トップページ | 志村けんさんが亡くなった。コロナウイルスの肺炎で »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。