« 35 「サンゴの日」ですが、新型コロナウイルスの影響で、全ての行事が中止となりました。 | トップページ | 3月最初の週末ですが、お天気な下り坂。活動自粛が続く世の中 »

2020年3月 6日 (金)

ようやくの入国規制

 朝から晴れ間が広がった。昨日の激寒からポカポカ陽気になりました。車のタイヤには釘が刺さっていた。パンクだった。ちくしょー!

 連日、新型コロナウイルスの陽性患者数が増えているのでした。クラスターなる単語が登場した。クラスター(感染者の集団)という意味で使われているのでした。密室に近い状態でのライブ公演に参加した人が、それぞれの地元に戻ってから陽性反応が出ている問題がクローズアップされた。中には、ライブ会場をハシゴした陽性の女性が報告された。

 北海道では、商品説明会場が、同じような環境となって感染者が増えた。参加者に確認したら、外は雪が降っていた。会場は狭く、出入り口は自動ドアだったらしい。出入りする際に外気が直接流れ込んでくる会場だった。内部の換気はなかったようだ。商品説明会なので相対する距離は近接した状態となる。一気に北海道での新型コロナウイルスの陽性患者が続出した理由でもあった。冬の季節なので室内の換気を強くすれば室内の温度は低下するのでした。となれば、あまり換気しない形式になっているのでした。

 3月中旬まで辛抱状態が続きそうだ。沖縄では4人目が発症していないのでした。ひと安心なのだが、昨日日本政府は、中国と韓国からの入域者については、原則禁止する。入域する際は、14日の隔離施設で容態観察を受けて、問題なければ15日目に入国が許可される形式となった。事実上、入国は制限されることになるのでした。あとはイランからの入国も制限されることになる。

 日本全国が息を潜めて生活する状態になっている。ダイビング事業者でもお客さんが激減しているのでした。例年であれば卒業旅行で沖縄に大学生が多くなるのですが、今年は激減しているのでした。当然、ダイビング参加者は激減している。ダイビング協会でも、新型コロナウイルスの影響が色濃く出ているのでした。減少している金額を算出、集計して恩納村役場に提出する予定でいるのでした。

 沖縄全域での観光客入域数が150万人も激減し、経済的な損失が1000億円以上の数字が算出されているのでした。すでに社員さんを休業させる処置で経営難を乗り越えようと動き始めているのでした。

|

« 35 「サンゴの日」ですが、新型コロナウイルスの影響で、全ての行事が中止となりました。 | トップページ | 3月最初の週末ですが、お天気な下り坂。活動自粛が続く世の中 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。