« 沖縄県内の地域間格差 | トップページ | 観光立県のアフターコロナは »

2020年5月27日 (水)

例年以上の降水量を記録した沖縄。

 もしかして本当に梅雨明けになるのかもだ。来週からは晴れ間が広がるとの予報が出た。空梅雨の表現を使わずに、もしかしたら梅雨明けが早いかもとのことだ。これはあくまでも個人的な見解です。

 今年、梅雨入りしてから連日の雨降り。その雨量が例年の梅雨時の降雨量の倍以上の雨量が記録されているのでした。ダムの貯水量は大丈夫なようだ。常に沖縄では水問題は、日常生活に支障を来すことになるのでした。夏場の夜間断水や隔日断水が実際には25年位前まで沖縄ではありました。自分も経験したことがあります。内地から水のペットボトルを送ったこともありました。

 リゾートホテルでも、渇水時期はチェックイン時に節水を呼び掛けることもありました。部屋の蛇口近くには節水を呼び掛ける札がありました。バスタブにお湯を貯めるのはダメ、シャワーを使うことを推奨していました。 自分等はダイビング事業を営んでいるので、潜った後の潜水器材の水洗いはダメで、最終日だけ少しの水で塩気を抜くだけでした。今でも、離島のダイビングサービスで渇水時期に実行されているのでした。レギレーターやダイコンは水道水で洗い流すだけでした。 ドラッグストアやスーパーにペットボトル入りの水が販売されています。2リットルサイズ6本1000円以下で購入できます。また、水を販売する自動販売機や販売所、自宅まで配達するサービスもあります。

 沖縄で生活を始めて30年位が経過しますが、夏場の渇水対策は、少なからず経験しています。水は節約して使用することが当たり前になっています。無駄な水は使わないような習慣が身についています。渇水期は、洗車、芝への散水等はダメです。海外では渇水期に洗車して逮捕や罰金制度を設けている地域もあります。幸い日本は、この制度はなく注意を促される位ですね。

 人間が一日に必要とする水分量は1.5リットルとされています。食事でも水分補給されるのでした。

|

« 沖縄県内の地域間格差 | トップページ | 観光立県のアフターコロナは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。