« コロナ自粛の部分的な解除が始まった。 | トップページ | 台風一号が熱低に アフタコロナが動き始めた »

2020年5月16日 (土)

徐々に日常生活が戻りつつある中での感染防止は

 週末になりました。当初は、台風一号が接近するとの予想だったが、週明けになるとのこと。また勢力が強いまま接近するとのことだったが、沖縄本島南方で熱低になるとの予報に変わったのだ。週明けに通過するようだ。

 新型コロナウイルス騒動に加えて台風での避難となると避難所での「3密」が避けられないとの判断があり、避難所の管理を担当者が対策に苦労していた。これからは沖縄は台風シーズンなので心配事は絶えないのでした。

 昨晩は58号線ではバイクで暴走する集団がいた。コロナ騒動の最中は爆音が聞こえなかったが、自粛制限が解除されたお陰なのだろうか。恩納村だけでなく那覇や豊見城辺りの知人が同じように嘆いていた。おまけにバイクの集団をパトカーが追尾していたようでサイレンの音に拡声器で怒鳴る声が聞こえたとのことだった。どちらにしても迷惑な話だ。逆に言えば、暴走族でも自粛が徹底していたことになるのでした。

 自粛解除は、週明けから本格化することなるが、感染防御については徹底することが要望されています。それぞれの事業所では、感染防止のためのガイドラインを作成することが要求されています。一昨日、恩納村役場から休業解除後の感染防止の徹底を促す書類が配信されたばかりでした。

 感染防止策としての殺菌と消毒が励行されています。出入口に消毒用のアルコールが用意されて、利用者自身が自分の手にアルコールを噴霧して消毒してから店内に入ること。それにマスクは必須となります。それが短時間であっても、必ず励行しなければならないのでした。

 沖縄では、16日間連続して陽性患者発生がゼロを更新しています。このままゼロ更新が続くことを願うのみです。沖縄本島と石垣島の二つの地域だけで発生、その他の地域で発生しなかったのは幸いでした。それなりに厳しい入域規制を実施した効果があったと思っています。

 観光立県で成り立っている沖縄ですが、すんなりと元通りになるとは思えないでした。

|

« コロナ自粛の部分的な解除が始まった。 | トップページ | 台風一号が熱低に アフタコロナが動き始めた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。