« 観光立県のアフターコロナは | トップページ | 全天候型の大型施設が欲しい。 »

2020年5月29日 (金)

新型コロナウイルス感染症の人体への影響は

 週末を迎えました。午前中に教え子が離島で活躍しているので支援のために資料を送りました。天候が安定しているので予定通りに配達されるだろうってのことでした。地元への貢献、頑張ってくださいね。

 沖縄での梅雨明けが間近になるかもとのことです。週末は天候が愚図つきますが、週末明け以降は晴れ間が続くとの予報が出されました。これによって気象台では、もしかすると早めの梅雨明け宣言を出すかもとのこと。例年の梅雨明けは6月中旬から下旬になりますが、6月に初旬の梅雨明けは珍しい。

 東京や北九州、北海道でクラスターが発生した。医療機関、高齢者施設、美容院等がクラスターの要因となった。北九州の場合は、高齢者施設以外での感染もあるが、それ以外は感染経路が不明なのでした。沖縄は幸いにもゼロ更新が続いています。通算で四週間連続になります。このままゼロ更新が続くことを願いたいのでした。内地での減少傾向だったのですが、3地域でのクラスター出現は、第二波の新型コロナウイルス感染症の蔓延を恐れていたことが発現した。

 新型コロナウイルス感染症について多くの人が亡くなっていますが、反面治療の効果があって生還している人も多数となっています。新型コロナウイルス感染症サバイバーの方の体内の異変については様々症例が公開されています。が、実際に、どこまで影響を残しているのだろうかって。自分の仕事はダイビングサービスを提供しています。そのためにお客様の健康状態が心配になるのでした。とくに呼吸器に支障を来すことは判っています。また、循環器系、血液と血管等にも異変が記録されています。それらが治った後に、どこまで影響を及ぼすかが判っていない。

 高圧ガスを呼吸するダイビングでは肺の疾患や血液や血管の病変等が支障を来すことになるのでした。肺胞の過膨張障害や血管内で血栓ができることも考えられるのでした。場合によっては致命的な問題が発生する可能性もあるのでした。

|

« 観光立県のアフターコロナは | トップページ | 全天候型の大型施設が欲しい。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。