« 徐々に日常生活が戻りつつある中での感染防止は | トップページ | アフターコロナの動きは »

2020年5月17日 (日)

台風一号が熱低に アフタコロナが動き始めた

 朝方に台風一号が熱帯性低気圧に変わりました。フィリピンと台湾の間にあるバシー海峡付近で熱低になりました。週明けは沖縄では雨降りになります。一時は緊張しましたが、ホッとしました。ただ熱低と言っても侮れないので海仕事は注意ですね。

 不要不急の外出自粛を初めて二週間以上が経過した。食材を調達するためのコンビニとスーパーと外食のための食堂三軒位が行動範囲だった。歩数計は、ごく僅かしか記録していないのでした。食堂と言っても牛丼屋さんとラーメン屋さんでした。

 週明けからは食堂関係も通常営業に戻るのだろう。マクドナルドは店内での飲食提供は再開してくれるとありがたいのです。結局、自炊以外は、牛丼屋さんの掛け持ちと二軒のラーメン屋さん、あとはコンビニでの弁当で食いつないでいた。栄養のバランスよりは、とりあえず食いつなぐだけの食生活が続きました。あとは午後7時位までに食事を終えるようにした。遅くなってからは食べないようにしていました。

 5月末から定期検診で三か所の医療機関に行く予定があります。それまでに沖縄県内での新型コロナウイルス感染症の陽性患者が発症しないことを願うのみです。医療機関に通う人の数が激減していると聞いています。自分の場合は、継続的に採血と採尿、レントゲン胸写、CT撮影等が待っているのでした。とりあえず限界態勢で防護して検診に行くことにしています。医療機関からは連絡が来ていないので予定通りにチェックイン予定です。

 5月末以降には、旅行の制限が解除されることになりそうだ。石垣島では6月1日以降から観光客の受入れを表明しました。条件としては一週間以上滞在できること。万が一にもコロナが発症しても行動内容が把握できること。国外や特定警戒都道府県からの来島はダメというルールを公開しました。宿泊関係者を集めて公開説明会を実施しました。

 アフタコロナに向けての資料が公開され始めています。

|

« 徐々に日常生活が戻りつつある中での感染防止は | トップページ | アフターコロナの動きは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。